2月16日は寒天の日【今日は何の日?】

寒天の日今日は何の日
2月16日の「今日は何の日?」は「寒天の日」です。

スポンサーリンク



2月16日は寒天の日

今回は「寒天の日」について解説していきます!
寒天といえば一時期大ブームとなり爆発的に売れていましたよね!

どこのスーパーに言っても寒天が大量に売られていた覚えがあります。
なぜ2月16日が寒天の日なのかというと、2005(平成17)年2月16日にNHKテレビ『ためしてガッテン』で寒天が取り上げられ、寒天が大ブームとなったことが由来となっています。

長野県茅野商工会議所と長野県寒天加工業協同組合によって制定されました。
単純にブームだから記念日を制定したのではなく、元々2月のこの時期を中心にして寒天の天然製造が行われているからです。

長野県の団体によって制定されていることから、長野県の特産品である寒天を宣伝する目的も兼ねています。

スポンサーリンク



ダイエット食として大ブームに

寒天は普段からあまり食べるものではありませんが、ダイエットには最適な食べ物ということもあり、大ブームとなりました。
一時期は寒天ごはんというちょっと怪しいレシピも見かけたことがあります。

寒天はその約8割が食物繊維で出来ているためとても健康的な食べ物だという事がいえます。
更に、寒天の原料は海藻なのでカロリーもほとんどありません。

更に寒天の保水性の高さから少しの寒天だけでもかなり食べた気がして、満腹感が得られます。
ゼリー状になっていて消化吸収までに時間がかかるため、腹もちもいいようです。

以上のことからいかに寒天がダイエットに向いているかがわかりますね!

寒天の雑学

今回は「寒天の日」にちなんだ「の雑学」寒天を紹介します。

寒天とところてんの違いって?

寒天によくにた食べ物でところてんってありますよね?
この2つの食べ物の違いをご存じでしょうか?

ちなみに、先ほど説明した通り寒天の原料は海藻で「テングサ」が原料となっています。
ところてんも原料は「テングサ」となっており、元々はどちらも海藻です。

「テングサ」は時間をかけて煮詰める事によりドロドロの液体となります。
これを冷やし固めるとゼリー状となり、これがところてんとなります。

出来上がったところてんを凍らせて乾燥させて出来るものが寒天となります。
つまり、寒天はところてんを更にひと手間加えた食べ物ということになりますね!

しかし、どちらもぷるぷるでゼリー状の食べ物のため、元々は海藻だったと言われてもあまりイメージが出来ないですよね。
そもそもテングサをドロドロになるまで煮詰めて、それを冷やし固めて食べようと最初に考えた人の発想が凄いです。

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月16日)
天気図記念日
寒天の日

■明日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日

■昨日は何の日?(2月15日)
春一番名付けの日

スポンサーリンク



フォローする