2月18日は冥王星の日【今日は何の日?】

冥王星の日今日は何の日
2月18日の「今日は何の日?」は「冥王星の日」です。

スポンサーリンク



2月18日は冥王星の日

今回は「冥王星の日」について解説していきます!
なぜ2月18日が「冥王星の日」かというと、冥王星が発見された事が由来となっています。

1930年2月18日、アメリカにあるローウェル天文台のクライド・トンボーにより、1月23日と1月29日に撮影した写真との比較研究から、太陽系第9惑星・冥王星を発見した。
実は冥王星の1つ手前にある天王星の動きが乱れていることから、昔から太陽系にはもう1つ外側に惑星が存在すると予言されていました。

しかし、冥王星は15等星でありとても暗い惑星だったため、発見が遅くなりました。
冥王星という星の名前の由来は暗さが由来となっており、ギリシア神話に登場する冥府の神から「pluto」と名付けられました。

その後、2006年に「惑星」についての定義が定められた際に、冥王星は惑星ではなくて準惑星となりました。
惑星の定義として「その軌道周辺で群をぬいて大きく、他の同じような大きさの天体が存在しないもの」という定義がありますが、冥王星付近に冥王星よりも直径が大きい天体が発見されたため、冥王星は惑星ではなく準惑星となりました。

スポンサーリンク



宇宙の雑学

今回は「冥王星の日」にちなんだ「宇宙の雑学」を紹介します。

宇宙で生命が生まれる確率

宇宙で生命が生まれる確率は「バラバラ分解した時計の部品を25mプールに入れ、プールの水をかき回し、水の流れだけで時計が組み上がる確率と同じ」とされています。
これはあまりにも確率が低いものに対する例えであって、「絶対にありえない確率」ということになります。

具体的に数字であ表すと「0.0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001%」となり、0を数えるのも面倒な程です。
地球という星に色々な生命が存在しているのはありえない奇跡的な出来事というわけです。

ブラックホールって何なの?

宇宙にはなんでも吸い込んでしまう穴、ブラックホールがありますよね?
なぜ宇宙に穴があいているのでしょうか?

この穴の正体は強力な重力です。
その強力な重力により、光のスピードをもってしてもその重力圏を出る事ができないんですね!

光の速さは秒速29万9792キロとなりますが、それすらも重力で引っ張って飲み込んでしまうんですね!
宇宙には人間の常識で測れない物がたくさんあってロマンを感じてしまいますよね!

以上が宇宙の雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月18日)
雨水の日
冥王星の日
エアメールの日

■明日は何の日?(2月19日)
プロレスの日

■昨日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日

スポンサーリンク



フォローする