2月19日はプロレスの日【今日は何の日?】

プロレスの日今日は何の日
2月19日の「今日は何の日?」は「プロレスの日」です。

スポンサーリンク



2月19日はプロレスの日

今回は「プロレスの日」について解説していきます!
2月19日がなぜプロレスの日なのかというと、1954(昭和29)年2月19日に蔵前国技館で、日本で初めてプロレスの本格的な国際試合が行われたことに由来しています。

日本で最初に行われたのは力道山・木村×シャープ兄弟の試合でした。
力道山は日本プロレス協会(JWA Japan Pro-Wrestling Alliance)設立者となります。

そんな力道山といえば元々はプロレスの選手ではなく相撲の選手だったって知っていましたか?
力道山という名前を聞くと、どことなく力士っぽい名前に聞こえますよね!

当時は日本テレビやNHKによる同時中継が行われましたが、NHKも日本テレビも放送を開始して間もなかったため、そもそも日本にテレビという文化はほぼ定着していませんでした。
当時のテレビはとても高級品で一般家庭で買えるものではありませんでした。

そのため、駅前広場にある「街頭テレビ」に人が集まって皆で試合を見ていたそうです。
現在でいうところのパブリックビューイングといったところでしょうか!

プロレスの人気は凄まじいもので、1963(昭和38)年5月24日の日本テレビで放送された「WWA世界選手権 ザ・デストロイヤー対力道山」は驚異の64.0%という視聴率を達成しました。
現在では絶対に考えられない数字ですよね・・・

スポンサーリンク



プロレスの雑学

今回は「プロレスの日」にちなんだ「プロレスの雑学」を紹介します。

ジャイアント馬場の足は16文もない

今でも語り継がれる伝説のプロレスラーであるジャイアント馬場氏。
ジャイアンと馬場の代名詞といえば、誰もが知っている大迫力の16文キックですよね!

16文といえば約38.4cmあるので、その足の大きさと破壊力がどれほどだったのか、蹴られた人にしかわかりません。
しかし、実はジャイアント馬場の足は16文も無かったってご存じですか?

アメリカ遠征の際に購入した靴に、アメリカの規格で「16」と書かれていたため、それを見たマスコミが16文と勘違いし、そのまま16文として定着することとなったのです。
ちなみに、アメリカ規格で「16」は約34cmとなります。

イノキ!ボンバイエ!の意味

アントニオ猪木の入場曲で「炎のファイター ~INOKI BOM-BA-YE~」という曲がありますよね!
曲中に「イノキ!ボンバイエ!」という歌詞がありますが、「ボンバイエ」には意味があるのをご存じですか?

この「ボンバイエ!」はリンガラ語(アフリカの言語)で「やっちまえ!」という意味があるそうです。
元々はモハメド・アリの応援歌として使われていた曲ですが、アントニオ猪木と対戦した時にモハメド・アリがアントニオ猪木にこの曲を送ったとされています。

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月19日)
プロレスの日

■明日は何の日?(2月20日)
歌舞伎の日
アレルギーの日

■昨日は何の日?(2月18日)
雨水の日
冥王星の日
エアメールの日

スポンサーリンク



フォローする