2月20日は歌舞伎の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

歌舞伎の日今日は何の日
2月20日の「今日は何の日?」は「歌舞伎の日」です。
また「歌舞伎の日」にちなんで「歌舞伎が語源の言葉一覧」など歌舞伎にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月20日は歌舞伎の日

今回は「歌舞伎の日」について解説していきます!
かぜ2月20日が「歌舞伎の日」なのかというと、1607(慶長12)年2月20日に出雲の阿国が江戸城で将軍徳川家康や諸国の大名の前で初めて歌舞伎踊りを披露したことに由来しています。

今でこそ歌舞伎といえば男性が主役となるイメージですが、歌舞伎の原型を作ったのは女性でした。
1603(慶長8)年に京都四条河原で出雲の阿国が歌舞伎踊りを始めたのが歌舞伎の発祥とされています。

出雲の阿国による歌舞伎踊りは大変反響を呼んだそうで、やがては徳川家康やその他の大名の前でも舞うこととなりました。
しかし、この出雲の阿国という人物は伝説的な人物となり、あまり文献が残っていない人物のようで、江戸城で歌舞伎踊りを披露して以来はその消息をたってしまったそうです。

出雲の阿国が亡くなった年は、慶長18年(1613年)、正保元年(1644年)、万治元年(1658年)と諸説あり、実は2代目阿国が存在したのではないかなどと言われています。
その後、歌舞伎踊りは全国的に広まっていきましたが、1629年に女性芸能者が舞台に立つことが禁止されることとなりました。

スポンサーリンク

歌舞伎の雑学

今回は「歌舞伎の日」にちなんだ「歌舞伎の雑学」を紹介します。

歌舞伎が語源の言葉一覧

実は普段使っている言葉の中には、歌舞伎で登場する言葉が語源由来となっている言葉がたくさんあるんです!
今回はその一部を紹介しますね!

修羅場

修羅場は元々は歌舞伎で合戦のシーンや男女の激しいやり取りが行われる時に使う言葉でした。
このことから転じて現在は男女間で起こったトラブルを表現する言葉として使われているのでした。

なあなあ

「話をなあなあにする」などの使い方をする「なあなあ」という言葉。
普段は「いい加減な扱いで済ませること」のような意味で使っていますよね!

これは歌舞伎用語で、内緒話をする時に「なあ」と声をかけ、相手が「なあ」と答えることからきた言葉なんです。

黒幕

黒幕も実は歌舞伎用語です。
夜の暗いシーンや場面を転換する際に黒幕を舞台裏から動かす人がいました。

このことから、裏で手を引いて物事を動かす人のことを黒幕と呼ぶようになりました。

幕の内弁当

弁当の定番に「幕の内弁当」がありますよね。
これも実は元々は歌舞伎用語で、歌舞伎の休憩時間の幕間に食べられていた弁当が「幕の内弁当」と呼ばれるものでした。

他にも日常生活で使う様々な言葉に歌舞伎用語がありますので、気になったら調べてみてください!
以上が歌舞伎の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月20日)
歌舞伎の日
アレルギーの日

■明日は何の日?(2月21日)
日刊新聞発刊の日

■昨日は何の日?(2月19日)
プロレスの日

スポンサーリンク

フォローする