2月21日は日刊新聞創刊の日【今日は何の日?】

日刊新聞発刊の日今日は何の日
2月21日の「今日は何の日?」は「日刊新聞創刊の日」です。

スポンサーリンク



2月21日は日刊新聞創刊の日

今回は「日刊新聞創刊の日」について解説していきます!
なぜ2月21日が「日刊新聞創刊の日」なのかというと、1872(明治5)年2月21日に現存する中では日本初の日刊新聞『東京日日新聞(とうきょうにちにちしんぶん』(現在の毎日新聞)が創刊されたことが由来となっています。

実際に日本初の日刊新聞は1870(明治3)年に創刊された「横浜毎日新聞」となりますが、他者に吸収合併されたため、現存する中での最古の新聞は「東京日日新聞」となっています。
そのためか、毎日新聞社では「日刊新聞創刊の日」については「東京で最初の日刊紙」と表現しています。

新聞がこんなにも昔から創刊されいてた事はご存じでしたか?
しかし、世界的に見れば新聞はもっと昔から存在していました。

世界最古の新聞は古代ローマ時代のもので、政治的な出来事から市民の慶弔のお知らせなどのニュースを手書きする掲示板「アクタ・ディウルナ」と呼ばれるものが存在していました。
また、最古の新聞は掲示板でしたが、紙の新聞の最古のものは、中国がまだ唐王朝だった時代の「開元雑報」となり、713年~734年まで発行されました。

政治的なニュースや国内のニュースを日々収集して、手書きで作成されていました。
紙の新聞紙が713年には既に存在していたとは驚きですよね!

スポンサーリンク



新聞の雑学

今回は「日刊新聞創刊の日」にちなんだ「新聞の雑学」を紹介します。

読売新聞の「読売」って何?

読売新聞などの「読売」という言葉。
実は意味があるのを知っていましたか?

江戸時代の頃は「かわら版」と呼ばれる木の板に街中で起きた事件を記して売っていました。
かわら版売りは、かわら版の一部を読んで町民の興味を惹くことにより、かわら版を売っていました。

このことから、かわら版を読んで売る、すなわち現在の「読売」という言葉の語源となったとされています。

新聞の端っこがギザギザなのはなぜ?

チラシやパンフレットなどの紙と違って、新聞の端っこってギザギザしていますよね?
これにはちゃんとした理由があるのです。

毎日発行するために大量に生産されています。
刷られた大量の新聞を一気に裁断する際に、刃先が真っすぐだと綺麗に切ることが難しく、曲がってしまったり切る位置がずれたりしてしまいました。

そこで、刃先をあえてギザギザにする事によって貫通力が増し、大量に重ねられた新聞紙を正確に真っすぐに切ることができるようになりました。
新聞紙のギザギザは試行錯誤を重ねた結果の技術の結晶ともいえるでしょう。

以上が新聞に関する雑学でした、いかがだったでしょうか!

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月21日)
日刊新聞創刊の日

■明日は何の日?(2月22日)
猫の日
ヘッドホンの日
忍者の日

■昨日は何の日?(2月20日)
歌舞伎の日
アレルギーの日

スポンサーリンク



フォローする