2月22日は猫の日【今日は何の日?】

猫の日今日は何の日
2月22日の「今日は何の日?」は「猫の日」です。

スポンサーリンク



2月22日は猫の日

今回は「猫の日」について解説していきます!
なぜ2月22日なのかというと、「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声の語呂合わせが由来となっています。

意外と昔から「猫の日」は制定されていて、猫の日制定委員会によって1987(昭和62)年に制定しました。
「猫の日」は「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝して、猫と共にこの喜びをかみしめること」が目的とされています。

猫の日は既にかなり浸透していて、全国的にも猫の日には様々なイベントが実施されていますが、
ちなみに、猫は外国でもペットの定番なので、世界各国にも「猫の日」が定められている国があります。

ロシアでは3月1日、アメリカでは10月29日、世界的には「世界的猫の日」も存在していて8月8日となります。
猫がいかに人間に愛されている動物なのかがよくわかりますよね!

筆者もぜひペットを飼ってもいい家に住んだ場合は飼ってみたいものです。
猫を飼ってる方がいたら、ぜひ猫の大好物などご馳走を用意してあげたり、ペットの猫ちゃんと有意義な1日を過ごしてみてくださいね!

スポンサーリンク



猫の雑学

今回は「猫の日」にちなんだ「猫の雑学」を紹介します。

猫の一生の70%は睡眠

猫といえばいつものんびりと寝ているイメージがありますよね。
それもそのはず、なんと猫は一生のうちの70%は睡眠時間に使っているのです。

猫は生まれてから成猫になるまでの子猫の期間、1日20時間近くの睡眠時を取ります。
成猫になってからも14時間~16時間の睡眠時間をとります。

猫の語源は「寝子」だといわれる説があるほど、猫は1日中寝ている動物だということがわかりますね!
ちなみに1番睡眠時間が長い動物はコアラで22時間、最も睡眠時間の短い動物はキリンで睡眠時間は20分とされています。

猫の大好物は魚じゃない

日本では猫の大好物は魚だと思われがちですが、別に特別魚が好きというわけではありません。
猫は世界中に生息しているため、地域によって好物も異なってきます。

例えばイタリアに住む猫はパスタを食べるそうですし、インドではカレーを食べている猫もいるそうです。
住んでいる人間の食文化によって猫が食べるものは変わってきますので、日本は古くから魚を食べる文化が発達していたため、猫の好物が魚だと思っているだけなのです。

このように猫は基本的には雑食ですが、野生の猫はもちろんネズミなど動物の肉を食べて生きていますので、肉が1番の大好物なのかもしれません。

水が好きな猫もいる

猫はお風呂を嫌うなど基本的に水を怖がって嫌がりますが、中には水が好きな猫もいます。
トルコ生まれの猫で「ターキッシュバン」という名前の猫は、体毛に耐水性があります。

そのため、水泳や水遊びも平気でむしろ好んで遊ぶそうです。
「ターキッシュバン」に限らず、水を嫌がらない猫は一定数いるそうです。

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月22日)
猫の日
ヘッドホンの日
忍者の日

■明日は何の日?(2月23日)
富士山の日
ふろしきの日

■昨日は何の日?(2月21日)
日刊新聞創刊の日

スポンサーリンク



フォローする