2月23日は富士山の日【今日は何の日?】

富士山の日今日は何の日
2月23日の「今日は何の日?」は「富士山の日」です。

スポンサーリンク



2月23日は富士山の日

今回は「富士山の日」について解説していきます!
なぜ2月23日が「富士山の日」なのかというと、「ふ(2)じ(2)さん(3)」(富士山)という語呂合わせが由来となっています。

また、2月のこの時期は富士山がよく見える事も由来となっています。
パソコン通信NiftyServe内の「山の展望と地図のフォーラム(FYAMAP)」によって、1996(平成4)年1月に制定されました。

その後は、山梨県河口湖町によって2001(平成13)年12月、静岡県によっても2009(平成21)年12月に「富士山の日」が制定されています。
なんとこの「富士山の日」は地方では休日となっており、静岡県の一部の学校では「富士山の日」は学校がお休みになっているそうです。

建国記念日が少し前にきたばかりなのにまたお休みがもらえるのは、なんともうらやましいですよね。
ちなみに「富士山の日」は、「富士山周辺の景観、富士山に関わる歴史を後世に引き継ぐ事」を目的として制定されました。

外国人から見ると日本といえば「フジヤマ!」と答える人が多く、日本人にとっても富士山は誇りです。
この素晴らしい富士山の景色をいつまでも守り、世界に日本の文化として発信していきたいですよね!

スポンサーリンク



富士山の雑学

今回は「富士山の日」にちなんだ「富士山の雑学」を紹介します。

富士山の山頂は私有地

富士山は山梨県と静岡県を跨いでいる山であることは知っていますよね?
それでは、富士山の山頂は山梨県と静岡県、どちらの土地になるのでしょうか。

正解は「どちらの県のものでもない」です。
実は富士山の山頂は私有地だったのです。

時代は遡り江戸時代のころ、富士山の山頂は徳川家康によって浅間神社に寄進されました。
しかし、明治維新後は国有地となりました。

太平洋戦争が終結した後、明治維新以降に国有地となった土地は次々にお寺や神社に返還されました。
しかし、富士山の山頂だけはなかなか返還されず、1974年に最高裁判所の判決によりようやく浅間神社のものと認められました。

更に30年間の時がたち、ようやく2004年には浅間神社の私有地として返還されることとなりました。

富士山の山頂で炊く飯はまずい

近年ではアウトドアの楽しみの1つとして、登山後にご飯を食べるという楽しみもあります。
登山して疲れ切った後に、山頂から絶景のロケーションで食べるご飯はとても美味しそうですよね!

しかし、実は富士山の山頂で炊くご飯はまずいって知っていましたか?
上手く炊ければそれは美味しいのですが、富士山はご飯を上手く炊くのが難しく、そのほとんどが失敗に終わります。

富士山の山頂は気圧が地上の3分の2程度しかありません。
そのため、水が沸騰する温度も下がってしまい、100℃ではなく88℃で沸騰してしまいます。

結果としてご飯を炊いたとしても芯が残ってしまい、ぼそぼそでまずいご飯が炊きあがってしまうのです。
富士山を登りきってテンションが上がったところで、ご飯を炊くのに失敗してテンションを落とさないように気を付けてください。

以上が富士山の雑学です、いかがだったでしょうか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月23日)
富士山の日
ふろしきの日

■明日は何の日?(2月24日)
クロスカントリーの日

■昨日は何の日?(2月22日)
猫の日
ヘッドホンの日
忍者の日

スポンサーリンク



フォローする