2月24日はクロスカントリーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

クロスカントリーの日今日は何の日
2月24日の「今日は何の日?」は「クロスカントリーの日」です。
また「クロスカントリーの日」にちなんで「スキー場では風邪をひかない」「スキーは移動手段だった」などスキーにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月24日はクロスカントリーの日

今回は「クロスカントリーの日」について解説していきます!
なぜ2月24日がクロスカントリーの日なのかというと、1977(昭和52)年2月24日に原野・森林等にコースを設定して走る競技・クロスカントリー、統一ルールによる初めての大会がイギリスで開催された事に由来しています。

そもそも皆さんはクロスカントリーといえば何を想像しますか?
おそらくスキーで行う雪上でのスポーツを思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、実はクロスカントリーは元々陸上競技の長距離種目なのです。
マラソンとの最大の違いは、野原、丘陵地、森林など自然の地形を走ることにあります。

夏季オリンピック大会においては、1912年のストックホルムオリンピックに正式種目として採用されましたが、1924年のパリオリンピックを最後に中止となり、それ以後は復活していません。

日本ではスキーのイメージ

それでは、なぜ日本ではクロスカントリーといえばスキーというイメージなのでしょうか?
それは、冬季オリンピックに行われる「クロスカントリースキー競技」による影響です。

クロスカントリースキー競技が冬季オリンピックの正式種目として採用されたのは、1924年のシャモニーオリンピックからとなります。
テレビではクロスカントリースキー競技の事を略して「クロスカントリー」と言う事も多く、そのため「クロスカントリー=スキー競技」というイメージが定着しました。

そもそも、陸上競技のクロスカントリーがテレビで放送される事はありませんし、一般的な認知度でいえばテレビ放送のあるクロスカントリースキー競技の方が圧倒的といえます。
テレビ番組によっては正式な種目名である「クロスカントリースキー競技」と呼ばれる事もあります。

スポンサーリンク

スキーの雑学

今回は「クロスカントリーの日」にちなんだ「スキーの雑学」を紹介します。

スキー場では風邪をひかない

スキーに行くとたくさん汗をかいて身体が冷えて風邪をひいてしまいそうですよね!
逆にスキー場では風邪をひきにくいのは知っていましたか?

風邪はウイルスが体内に入る事により発症します。
しかし、スキー場は風邪のウイルスにとって過酷な環境のため生きていくことができません。

一般的に風邪のようなウイルスは空気が乾燥している時に感染しやすくなりますが、スキー場は湿度が高く感染しにくい環境となっています。
また、スキー場は山にあるため標高が高く、紫外線が平地よりも強く浴びせられます。

そのため、人間が感染するよりも前に風邪のウイルスは紫外線によって除菌されるのです。

スキーは移動手段だった

スキーはスポーツとして考案されたものではなく、元々は移動手段でした。
スキーの歴史は古く、紀元前2500年ごろのスカンジナビア半島の壁画に、スキーを履いた人々が狩りを行う姿が描かれています。

このように元々は狩人が獲物を追う際に使用する移動手段でしたが、19世紀中ごろからノルウェーを中心に登山の移動手段やスポーツとして楽しまれるようになりました。
現在は「歩く、飛ぶ、滑る」など様々な競技がありますが、これは1860年代にノルウェーのソンドレ・ノルハイム氏によって考案されたものです。

その後、1879年にノルウェーのオスロという都市で初のスキー大会が開催されたのでした。

以上がスキーの雑学です、いかがだったでしょうか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月24日)
クロスカントリーの日

■明日は何の日?(2月25日)
夕刊紙の日

■昨日は何の日?(2月23日)
富士山の日
ふろしきの日

スポンサーリンク

フォローする