二部式帯の日の由来と面白い雑学、2月24日の今日は何の日?

二部式帯の日今日は何の日
2月24日の「今日は何の日?」は「二部式帯の日」です。
また「二部式帯の日」にちなんで「着物の着付けを右前にする理由」「着物と浴衣の違いって何?」など着物にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月24日は二部式帯の日

今回は「二部式帯の日」について解説していきます!
なぜ2月24日が「二部式帯の日」なのかというと、2月24日という日付が「に(2)ぶ(2)しき(4)」という語呂合わせが由来となっています。

「二部式帯の日」については二部式帯や着物の販売を行っている「CHAI-SHOP(チャイショップ)」によって制定された記念日となっています。
この日を「二部式帯のデザインの良さを多くの人に伝える」という事を目的とした記念日としています。

この時期には正月、成人の日、卒業式、入学式が重なっていることから、二部式帯の魅力をより多くの人に伝えたいという願いもこもっているそうです。
そもそも普段からあまり着物を着ない人にとっては「二部式帯」と言われてもあまりピンとこないかもしれませんね。

着物を普段から着ない人は帯の結び方がわからない人が多いかと思いますが、「二部式帯」は身体に帯を巻いて金具を引っかけるだけの簡単な帯なんです。
着物を着てみたいけれども帯の結び方などの着付けがわからないという人も、ぜひ手軽な「二部式帯」で着物を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

着物の雑学

今回は「二部式帯の日」にちなんで「着物の着付けを右前にする理由」「着物と浴衣の違いって何?」など着物にまつわる面白い雑学を紹介します。

着物の着付けを右前にする理由

着物の着付けをする時には襟を右前にするのが一般的ですよね。
これは実はかなり昔に決められた法律が由来となっているんです。

日本では古来より天子南面思想という考え方があったことから、太陽が昇る方向である東という方角が偉いと考えられていました。
そして、天皇が鎮座する場所が北側であったことから、東は天皇から見て左側の方角であり、自分より偉い方角ということになります。

そのことから、左側の襟が上にきていると天皇よりも民衆が偉くなってしまうことから、天皇からみて右(西)の方角の襟を出すことにより、天皇より位が下であることを示したのです。
これは719年に誕生した法律に記載されていて、これが由来となって天皇から見て右前となる襟が基本的な着付けとして定着したのでした。

着物と浴衣の違いって何?

皆さんは浴衣と着物の違いを聞かれた時に答えることが出来ますか?
実は浴衣は着物の一種であるため、浴衣の形は着物の形ととてもよく似ているんです。

浴衣は昔は風呂上がりに着るものであり、浴衣姿は涼むためのものでそのまま寝るのが一般的でした。
昭和30~40年までは浴衣は寝巻きとして活躍していて、現在でも風通しがよく涼むことが目的のものであるため夏に着られるのが一般的となっています。

浴衣は基本的に裏地がありませんが、着物には裏地があるものとないものがあります。
裏地のあるものは冬などの季節に着て、裏地のないものは夏に着るなどして気候にあわせて着る着物の種類を変えます。

そして、浴衣は涼む目的のものなので素肌に着ることが多いですが、着物は内側には長じゅばんを着るのが一般的です。
浴衣は簡易な着物であり、着物はしっかりと着こなすものだと考えるのが簡単かもしれませんね。

以上が着物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月24日)
クロスカントリーの日
二部式帯の日
削り節の日

■明日は何の日?(2月25日)
夕刊紙の日
ヱビスの日
歯茎の日

■昨日は何の日?(2月23日)
富士山の日
ふろしきの日
不眠の日
乳酸菌の日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする