2月25日は夕刊紙の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

夕刊紙の日今日は何の日
2月25日の「今日は何の日?」は「夕刊紙の日」です。
また「夕刊紙の日」にちなんで「新聞を作るのに必要な紙の量」「新聞の上に書いてある数字の意味は?」など新聞にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



2月25日は夕刊紙の日

今回は「夕刊紙の日」について解説していきます!
なぜ2月25日が「夕刊紙の日」なのかというと、1969(昭和44)年2月25日に日本初の駅売り専門のタブロイド判夕刊紙『夕刊フジ』が発刊されたことに由来しています。

タブロイドとは新聞判型のひとつで、サイズは2種類ありB判が縦382mm×横272mmで、D判が縦406mm×横272mmとなります。
B判のタブロイドは新聞の折り込みチラシなどで使われる商業用サイズで、D判のタブロイドがいわゆる一般的なタブロイド判で、夕刊紙に使われているサイズとなります。

日本で最初の夕刊が誕生したのは1915(大正4)年の10月10日のことであり、「大阪朝日新聞」と「大阪毎日新聞」が同時に発行を開始していました。
日本最初の日刊紙が発売されたのは1870年のことなので、夕刊の方は意外と歴史が浅いのです。

世界の新聞事情を見ていくと、世界で初めて発行された夕刊はヌーン・ガゼット・アンド・デーリー・スパイという夕刊で、イギリスで1781年に発行されました。
新聞の歴史自体はとても古いことがよくわかりますよね!

スポンサーリンク



新聞の雑学

今回は「夕刊紙の日」にちなんだ「新聞の雑学」を紹介します。

新聞を作るのに必要な紙の量

毎日のように全国で朝と夕方に発行される新聞ですが、紙をどれぐらい使っているかを知っていますか?
テレビで見た事があるかもしれませんが、新聞は巨大なトイレットペーパーのような紙を回転させながら内容を印刷していきます。

その巨大なロール状の新聞の長さは13.7kmとなり、幅が162.6cm重さは950kgもあります。
この巨大なロール状の新聞を回転させ、朝刊と夕刊をあわせて1日に約2400本を消費するそうです。

1本でも想像を絶する大量の紙ですが、2400本ともなると途方もないですよね・・・
ちなみに、1日に使用する新聞紙を全てつなぎ合わせると地球を5分の4周以上する距離になるそうです。

新聞の上に書いてある数字の意味は?

新聞を普段読んでいる人は知っていると思いますが、新聞の上の方には「○○○○○号」といった数字が印刷されています。
あまり意識した事はないと思いますが、これにもちゃんと意味があります。

この数字は新聞が創刊されてから何号目なのかを表しています。
創刊号が1号だとすると、10000号は10000回目に発行された新聞ということになります。

特に読売新聞の歴史は古く、2015年には創刊から50000号を達成しました。
以上が新聞の雑学でした、いかがだったでしょうか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月25日)
夕刊紙の日

■明日は何の日?(2月26日)
脱出の日
二・二六事件が起きた日

■昨日は何の日?(2月24日)
クロスカントリーの日

スポンサーリンク



フォローする