2月26日は二・二六事件が起きた日【今日は何の日?】

二・二六事件が起きた日今日は何の日
2月26日の「今日は何の日?」は「二・二六事件が起きた日」です。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月26日は二・二六事件が起きた日

今回は「二・二六事件」について解説していきます!
二・二六事件は歴史の授業で必ず習う有名な事件ですよね!

1936(昭和11)年2月26日に発生した事件のため、事件発生日が由来となって「二・二六事件」という名前になりました。
五・一五事件と共に歴史的なクーデター未遂事件として知られています。

二・二六事件の詳細

1936年2月26日の早朝に、皇道派の陸軍青年将校によって率いられた約1500名の反乱部隊が決起しました。
決起した反乱部隊は政府要人を暗殺するために首相官邸、警察庁、新聞社などを永田町周辺を次々と襲撃し占拠していきました。

当時の首相を務めていた岡田啓介は一命を取り留めましたが、高橋是清(これきよ)蔵相、斎藤実(まこと)内大臣らが暗殺されました。
その後、反乱部隊は永田町周辺を封鎖し2月29日までの3日間は立てこもりを続けました。

しかし、戦闘態勢をとった約2万4000人の反乱鎮圧部隊によって包囲されることとなり、絶体絶命の窮地に立たされました。
包囲後は反乱鎮圧部隊によってラジオやアドバルーン、飛行機からビラがまかれ、帰順するように呼びかけ、説得が行われました。

「今からでも遅くないから原隊へ帰れ」
「お前達の父母兄弟は国賊となるので皆泣いておるぞ」

以上の呼びかけにより大半の反乱部隊は元の部隊へと帰順し、二・二六事件の首謀者である青年将校は自決、他の中心人物は憲兵隊によって検挙されました。
歴史的なクーデターとなりましたが、最後は未遂に終わりました。

スポンサーリンク

何を目的とした事件?

大規模なクーデターを企てた青年将校ですが、一体何を目的としたクーデターだったのでしょうか?
当時の陸軍は一枚岩ではなく「皇道派」と「統制派」という派閥が存在していました。

「皇道派」とは「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンとし、武力によって政府要人を暗殺することにより、「天皇親政」を実現しようとしていた派閥です。
つまり、天皇を中心とした新たな政治体制を構築することにより、政治腐敗や農村の困窮を解決しようとしていたわけですね!

政府の主要機関を占拠した反乱部隊は軍首脳を経由し、昭和維新を昭和天皇へと訴えかけましたが、天皇はこれを拒否しました。
天皇は皇道派の青年将校らを「反乱軍」として武力鎮圧するように決意し、投降するように呼びかけました。

天皇を中心とした新たな政治を行おうとした皇道派は、よりにもよって天皇から「反乱軍」とされたのですから、皮肉としか言えませんね。

二・二六事件のその後

反乱に失敗した皇道派の中心人物は裁判により次々に処刑されてしまい、ますます統制派に力を与える結果となりました。
この事件による最大の影響は、政治家たちを委縮させたことにあります。

軍の意思に沿わない政治を行うと暗殺されてしまうのではないか、そういった恐怖により政治家は軍部に対して何も言うことが出来なくなりました。
結果として軍部が強い力を持つこととなり、二・二六事件の影響により太平洋戦争が勃発したともされています。

太平洋戦争の開戦時、首相を務めていたのは東条英機であり、彼は事件後に力をつけていた統制派の陸軍出身だったのです。
もしも二・二六事件によるクーデターが成功していた場合、太平洋戦争は起こらず、日本も現在とは全く違う国として存在していたのかもしれませんね。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月26日)
脱出の日
二・二六事件が起きた日

■明日は何の日?(2月27日)
冬の恋人の日
女性雑誌の日

■昨日は何の日?(2月25日)
夕刊紙の日

スポンサーリンク

フォローする