2月28日はビスケットの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ビスケットの日今日は何の日
2月28日の「今日は何の日?」は「ビスケットの日」です。
また「ビスケットの日」にちなんで「昔はビスケットはお菓子ではなかった」などビスケットにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月28日はビスケットの日

今回は「ビスケットの日」について解説していきます!
なぜ2月28日が「ビスケットの日」なのかというと、1855(安政2)年2月28日にパンの製法を学ぶ為に長崎に留学していた水戸藩の柴田方庵が、同藩の萩信之助に、パン・ビスケットの製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を送ったことが由来となっています。

この「パン・ビスコイト製法書」がビスケットの製法を書いた日本初の文書とされています。
まさかビスケットが江戸時代の頃からあったとは驚きですよね。

「パン・ビスコイト製法書」に書かれたレシピ通りに焼かれたビスケットがどのような味だったのか、食べてみたいものです。
「パン・ビスコイト製法書」がどのような内容だったのかを調べてみましたが、残念ながら情報は見当たりませんでした。

また、ビスケットの語源はラテン語で「二度焼かれた物」という意味である「ビス・コクトゥス(bis coctus)」となっています。
このことから「に(2)どや(8)く」の語呂合わせの意味も持たせているそうです。

ちなみに「ビスケットの日」は全国ビスケット協会によって1980(昭和55)年に制定されました。

スポンサーリンク

昔はお菓子ではなかった

現在ではお菓子として有名なビスケットですが、実は元々はお菓子として作られていたわけではありませんでした。
ビスケットの製法にもある通り、ビスケットは「2度焼いたぱん」であり、古代のヨーロッパではパンを乾かした後、もう一度焼いたものを長い航海や遠征などに持っていっていました。

つまりはパンを長持ちさせる事を目的として誕生した保存食がビスケットなんですね!
日本にパン・ビスコイト製法書が伝わった頃も、ペリーが黒船で来航するなど外国からの驚異が日本を脅かしていました。

いつ戦争が始まるかもわからない状態だったため、戦争用の保存食としてビスケットが注目されたのです。
戦国時代からの携帯の保存食としてはご飯を乾かして作った干し飯が定番でしたが、その後は戦争用の保存食として活躍していくのでした。

そして1873(明治6)年になると、陸軍の軍用食としてとして正式に採用されることとなりました。
現在では災害時の非常食として乾パンなどがありますが、これもビスケットの1つであり、お菓子以外の用途でも現代に受け継がれています。

以上がビスケットの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(2月28日)
ビスケットの日
バカヤローの日

■明日は何の日?(3月1日)
行進曲の日
ブタの日
デコポンの日

■昨日は何の日?(2月27日)
冬の恋人の日
女性雑誌の日

スポンサーリンク

フォローする