2月28日はバカヤローの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

バカヤローの日今日は何の日
2月28日の「今日は何の日?」は「バカヤローの日」です。
また「バカヤローの日」にちなんで「吉田茂の概要」「吉田茂の人物像」など吉田茂にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月28日はバカヤローの日

今回は「バカヤローの日」について解説していきます!
なぜ2月28日が「バカヤローの日」なのかというと、1953(昭和28)年2月28日に、当時の吉田茂首相が衆議院予算委員会の席上、西村栄一議員の質問に対し興奮して「バカヤロー」と発言したが由来となっています。

しかしこの「バカヤロー」という発言が元となり閣不信任案が提出・可決され、同年の3月14日に衆議院が解散することとなりました。
これがいわゆる「バカヤロー解散」と呼ばれるものですね!

2月28日のこの「バカヤロー」という発言があったことにちなんで、「バカヤローの日」は常日頃から頭にきていることに対して「バカヤロー!」と叫んでも良いとされています。
ちなみに、吉田茂は別に「バカヤロー!!!」と大声で叫んだわけではなく、着席したまま小声で「バカヤロー」と呟いただけだったそうです。

しかしメディアによって大きく報道されたため、衆議院を解散することとなりました。
最近のくだらない審議に時間をかけて、揚げ足取りのような討論を繰り返している政治を見ていると、それを見ている国民が「バカヤロー!」と言ってやりたいぐらいだと思います。

スポンサーリンク

吉田茂の雑学

今回は「バカヤローの日」にちなんだ「吉田茂の雑学」を紹介します。
このままでは吉田茂は「バカヤロー」といって衆議院を解散させただけみたいになってしまいますので、吉田茂についてもう少し詳しく解説します。

吉田茂の概要

吉田茂は政治家として有能であり、内閣総理大臣に5回指名されるという歴代の最多記録を保持しています。
総理大臣としての在任日数は2616日であり就任日数では歴代4位となっています。

ちなみに、歴代1位は桂太郎の2886日です。
吉田茂の有名な実績としては、サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約を結ぶ事によって、戦後の外交の礎を作りました。

大日本帝国憲法のもとでの最後の内閣総理大臣でもあります。
最近では安倍晋三が内閣総理大臣を辞任後再び内閣総理大臣に返り咲きましたが、吉田茂についても辞任後に再び内閣総理大臣になっています。

歴代総理の中でもこのような経歴をもった人物は吉田茂と安倍晋三の2人だけです。

吉田茂の人物像

吉田茂は癇癪(かんしゃく)持ちで頑固者だったとされています。
とてもユーモアな一面も持っており、公私にわたって様々な逸話や皮肉のきいた名言を残しています。

吉田茂は政府の統計をもとにしてGHQの元帥であるマッカッサーに食糧支援を要求しました。
しかし、マッカーサーに「日本の統計による数字はずさんである。」と責められてしまいました。

そこで吉田茂は「戦前にわが国の統計が完備していたならば、あんな無謀な戦争はやらなかったろうし、もし完備していたら、勝っていたかもしれない」と返したそうです。
とてつもない皮肉ですよね。

こうした事から当時の新聞に掲載されていた風刺漫画の恰好のネタとされていました。
吉田茂が退陣した際には、大勢の漫画家が辞任する吉田茂に頭を下げる漫画、つまりたくさんのネタを提供してくれた吉田茂に感謝を示す漫画が描かれたほどです。

その性格が災いして「バカヤロー解散」となった訳ですが、人間味に溢れていて自然と人を惹きつける魅力も持っていたのでしょう。
以上が吉田茂の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月28日)
ビスケットの日
バカヤローの日

■明日は何の日?(3月1日)
行進曲の日
ブタの日
デコポンの日

■昨日は何の日?(2月27日)
冬の恋人の日
女性雑誌の日

スポンサーリンク

フォローする