3月1日はブタの日【今日は何の日?】

ブタの日
3月1日の「今日は何の日?」は「ブタの日」です。

スポンサーリンク



3月1日はブタの日

今回は「ブタの日」について解説していきます!
なぜ3月1日が「ブタの日」なのかというと、アメリカのエレン・スタンリー、メアリー・リン・レイブ姉妹によって、最も利口で役に立つ家畜のひとつである豚への感謝をこめて「ブタの日」と制定したとされているためです。

ちなみに、エレン・スタンリー、メアリー・リン・レイブ姉妹についてはブタに関連した企業を経営していたり、農家をやっているわけではなく、一般的な家庭のようです。
1972年にブタへの感謝を込めてお祝いしたことが「ブタの日」の誕生のきっかけでした。

ブタの日の由来となっている国であるアメリカでは、3月1日になるとブタにまつわる様々なイベントが実施されているそうです。
最も盛んに行われているイベントはアメリカ各地で行われているブタの品評会です。

また、過去にはブタによるパレードが開催されたり、ブタの鼻息の強さを争うコンテストも開催されたそうです。
「ブタの日」を機会にして日頃の食事に欠かせない存在となっているブタに対して、感謝の気持ちを持つのも良いかもしれませんね!

スポンサーリンク



ブタの雑学

今回は「ブタの日」にちなんだ「ブタの雑学」を紹介します。

トリュフを探知する能力

ブタの有名な能力として、高級食材であるトリュフの匂いを嗅ぎ当てることができます。
一見するとトリュフが大好物なため、トリュフの匂いを敏感にかぎ当てているように見えますが、実はそうではありません。

実はトリュフの匂いの成分はメスのブタのフェロモンととてもよく似ているため、メスの匂いだと勘違いしているのです。
つまり、ブタはメスのブタを探し回った結果として、トリュフを発見するだけなんですね!

実はめちゃくちゃ足が速い

ブタといえば太っていてのろまなイメージがありますが、実は本気で走ればかなりの速度で走れます。
そもそもブタの体脂肪率は15%で、人間の女性の体脂肪率が20%ぐらいだと考えるとむしろ全く太っていません。

本気で走った時の速度は時速40kmであり、100メートルを約9秒で走る計算となります。
人類最速のウサインボルト選手でさえ9秒後半ですから、人間の足の速さでは到底勝てません。

更に体重も100kg以上と巨体のため、仮に全速力の豚に体当たりされた場合は、バイクにひかれた時と同等の威力となります。

水泳も得意

犬かきといえば犬の専売特許かと言われればそうではありません。
実は豚は泳ぎが大得意であり、足のつかないぐらいの深さの水も犬かきで泳ぐ事ができます。

そもそも水遊びが大好きな豚もいるそうです。
最近はミニブタなどがペットとして人気ですが、もしかすると泳げるのかもしれませんね。

以上がブタの面白い雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(3月1日)
行進曲の日、マーチの日
ブタの日
デコポンの日

■明日は何の日?(3月2日)
ミニの日

■昨日は何の日?(2月28日)
ビスケットの日
バカヤローの日

スポンサーリンク



フォローする