3月1日はデコポンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

デコポンの日今日は何の日
3月1日の「今日は何の日?」は「デコポンの日」です。
また「デコポンの日」にちなんで「実は果物じゃないもの」「バナナを最初に食べたのは織田信長」など果物にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月1日はデコポンの日

今回は「デコポンの日」について解説していきます!
なぜ3月1日がデコポンの日なのかというと、1991(平成3)年3月1日に柑橘類の一種・デコポンが初めて出荷され、東京の果実市場で取引されたことが由来となっています。

「デコポンの日」は日本園芸農業協同組合連合会によって制定されました。
デコポンの主な生産地は熊本県となりますが、そのデコポンをPRする事を目的としているそうです。

そもそもデコポンって何?

人によってはそもそもデコポンって何?という人もいますよね。
筆者も実は食べたことがなく、その見た目から柑橘系の果物なんだなーぐらいの認識しかありません。

デコポンについて調べてみましたが、この「デコポン」とは商標登録であり果物そのものの名前ではないそうです。
いちごでいうところの「とちおとめ」みたいなものでしょうか。

デコポンはタンゴール類とミカン類を品種交配によって生まれた「不知火(しらぬい)」という名前の柑橘類の果物になります。
不知火の中でも糖度が13度以上という水準を合格したものだけが「デコポン」と呼ばれるそうです。

「デコポンの日」を機会にしてデコポンを食べてみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

果物の雑学

今回は「デコポンの日」にちなんで「果物の雑学」を紹介します。

実は果物じゃないもの

皆さんは果物と野菜の区別がつきますか?
普段から果物として食べていたものが実は正式には果物ではなかったり、逆に果物じゃないものが果物だったり、知られていない事がたくさんあります。

代表的なものでいうとスイカなどは果物ではなく、野菜に分類されていますよね!
あまり知られていませんが、実は苺やメロンも果物ではなく野菜に分類されています。

農林水産省によると、樹木に実がならないものについては「果実的野菜」として、野菜に分類しています。
メロンなどは甘くてジューシーで果物のイメージが強いですが、実はウリ科キュウリ属の植物のため、キュウリの仲間となります。

逆に、意外なものが果物に分類されていたりします。
「栗」については実は果物なんです。

栗は樹木にその果実を実らせるため果物に分類されています。

バナナを最初に食べたのは織田信長

バナナの歴史はとても古く、紀元前の5千年以上昔から東南アジアを中心にして栽培されてきた果物です。
日本にバナナが輸入されて食べ始めるようになったのは明治時代であり意外と最近です。

しかし、更に昔からバナナを食べていた日本人がいて、それは織田信長だとされています。
織田信長はポルトガルと貿易と行っていたのは有名な話ですが、その貿易品の1つとしてバナナが献上されたという記録が残っています。

そのため、日本人で初めてバナナを食べたのは織田信長だとされています。
ちなみに、現在日本に輸入されているバナナは「ジャイアント・キャベンディッシュ」と呼ばれる品種であり、バナナは世界に300種類以上も存在しています。

以上が果物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月1日)
行進曲の日、マーチの日
ブタの日
デコポンの日

■明日は何の日?(3月2日)
ミニの日

■昨日は何の日?(2月28日)
ビスケットの日
バカヤローの日

スポンサーリンク

フォローする