3月3日は耳の日【今日は何の日?】

耳の日今日は何の日
3月3日の「今日は何の日?」は「耳の日」です。

スポンサーリンク



3月3日は耳の日

今回は「耳の日」について解説していきます!
なぜ3月3日が「耳の日」なのかというと、3の字が耳の形に似ていることと「み(3)み(3)」という語呂合わせが由来となっています。

日本耳鼻咽喉科学会によって1956(昭和31)年に制定されました。
もっと一般の人々に耳について関心を持ってもらい、耳の病気のことだけではなく、広い視野で耳の事を知ってもらう事が目的とされています。

自分が健康な耳を持っていることへの感謝をこめて、良い音楽を聴かせて耳を楽しませてあげる事を推奨しています。
また、一方で耳が不自由な人に対しても更に社会的な関心が集まるようにすることが目的となっています。

他にも3月3日は電話の発明者であるグラハム・ベルの誕生日であったり、三重苦であるヘレン・ケラーに対して、アン・サリヴァンが指導を始めた日でもあります。
色々な事が重なって「耳の日」が制定されているんですね!

耳が聴こえることが当たり前のようになっているからこそ、耳の健康の事を思い出す日として「耳の日」がある事は良い事ですね。

スポンサーリンク



耳の雑学

今回は「耳の日」にちなんだ「耳の雑学」を紹介します。

無意識に左右の耳を使い分けている

実は人間は無意識に左右の耳を使い分けているって知っていましたか?
人間は右耳から入った情報は左脳で処理をして、左耳から入った情報は右脳で処理ていします。

右脳は感情や創造などを制御するのに使われていて、左脳は計算や言語などの処理をするのに使われていますよね。
以上のことから、相手へ何かをささやく際には左耳へささやくことにより、より一層相手の感情を刺激して心を揺さぶる事ができます。

逆に仕事の話や勉強の話などをする場合には右耳で聞いた方が頭の中で処理しやすくなるそうです。

音楽によって心拍数が変化する

耳から入ってきた音楽のテンポによって心拍数が変化すると言われています。
聞いている音楽のテンポが速ければ心拍数も上がってテンションも高くなる傾向があり、逆にテンポが遅ければ心拍数も下がって気持ちが落ち着くそうです。

朝起きた瞬間に音楽を聞くとテンポがいつもより早く感じたことはありませんか?
それは、朝起きた瞬間には心拍数が下がっているため、音楽のテンポの速さに心拍数が追い付いていないためいつもより速く聞こえているそうです。

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(3月3日)
ひな祭り
耳の日
金魚の日

■明日は何の日?(3月4日)
ミシンの日
雑誌の日
サッシの日
バウムクーヘンの日

■昨日は何の日?(3月2日)
ミニの日

スポンサーリンク



フォローする