3月4日はミシンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ミシンの日今日は何の日
3月4日の「今日は何の日?」は「ミシンの日」です。
また「ミシンの日」にちなんで「ミシンの発明により襲われた人物」などミシンにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月4日はミシンの日

今回は「ミシンの日」について解説していきます!
なぜ3月4日がミシンの日なのかというと、「ミ(3)シ(4)ン」という語呂合わせが由来となっています。

世界で初めてミシンの特許が取得されたのは1790年のことで、イギリスのトーマス・セイントによって取得されました。
ミシンの原型とされる機械式の毛糸編み機自体は1589年には誕生していたそうです。

ミシンって結構近代的なイメージのある機械でしたが、まさか日本がまだ江戸時代だったころからあったなんて驚きですよね!
ミシンという機械がイギリスで誕生してから200年という日を記念して、日本家庭用ミシン工業会(現在の日本縫製機械工業会)によって「ミシンの日」が1990(平成2)年に制定されました。

日本初のミシンは1869(明治2)年に誕生して、これは輸入したものではなくて日本人の手によって作られました。
ちなみに、「ミシン」と呼ばれているのは日本国内だけです。

ミシンは英語でsawing machine(裁縫機械)となり、machine(マシン)がなまってミシンと呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク



ミシンの雑学

今回は「ミシンの日」にちなんだ「ミシンの雑学」を紹介します。

ミシンの発明により襲われた人物

実はミシンを発明した事によって襲われた人物がいるのを知っていますか?
昔、トリビアの泉という番組で紹介された雑学です。

フランスでミシンを発明したティモニエという人物がいました。
1830年に遂に自分の発明したミシンで特許を取ることに成功しました。

その後、軍服を縫うという目的で1840年に80台のミシンが生産されました。
しかしこの事をきっかけとしてティモニエは襲われることとなりました。

襲った人物は手縫いをしていた他の仕立て屋でした。
ミシンが導入されたことによって自分の仕事が無くなる事を恐れた仕立て屋はティモニエを襲撃し、生産したミシンを全て破壊したのです。

ミシンの登場によって自分の仕事が無くなってしまう恐怖は理解できなくもないですが、ミシンを破壊して逮捕されてしまっては元も子もありませんよね・・・

以上がミシンの雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月4日)
ミシンの日
雑誌の日
サッシの日
バウムクーヘンの日

■明日は何の日?(3月5日)
啓蟄
珊瑚の日
スチュワーデスの日
ミスコンの日

■昨日は何の日?(3月3日)
ひな祭り
耳の日
金魚の日

スポンサーリンク



フォローする