3月5日は珊瑚の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

珊瑚の日今日は何の日
3月5日の「今日は何の日?」は「珊瑚の日」です。
また「珊瑚の日」にちなんで「珊瑚は植物ではなくて動物」「水族館の珊瑚はニセモノ」など珊瑚にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月5日は珊瑚の日

今回は「珊瑚の日」について解説していきます!
なぜ3月5日が「珊瑚の日」なのかというと、「さん(3)ご(5)」という語呂合わせが由来となっています。

また3月の誕生石が珊瑚である事も由来となっています。
世界自然保護基金(WWF)によって1996(平成8)年に制定されました。

何の目的があって「珊瑚の日」を制定したのかは情報が見つかりませんでした。
しかし、世界自然保護基金は「珊瑚の日」を制定した1996年から石垣島の白保に珊瑚礁保護研究センターを建設する運動を開始したことから、珊瑚の保護と研究をより活発するために制定されたものだと考えられます。

現在地球規模で問題となっている地球温暖化ですが、この地球温暖化の影響によって水温が上がり、珊瑚の生息域が減少しているそうです。
珊瑚が群生しているサンゴ礁が近年では真っ白に変色し、その後死んでしまっています。

文明の発達によって様々な恩恵を受けている人類ですが、その環境変化によってどこかの生物が犠牲になっていると考えると複雑な気持ちです。
世界では地球温暖化に対する対策を色々と講じていますが、珊瑚が絶滅する前に成果を出してほしいものです。

スポンサーリンク



珊瑚の雑学

今回は「珊瑚の日」にちなんだ「珊瑚の雑学」を紹介します。

珊瑚は植物ではなくて動物

綺麗な海をより彩る珊瑚ですが、実は植物ではなくて動物だと言う事を知っていましたか?
珊瑚は動物のため、卵から生まれて最初の数日間は海の中で普通に泳いで暮らしています。

この数日間で自分が成長していくための場所を海底で探し回ります。
住む場所が決まったら海底にくっつき、これが成長して皆さんご存じの珊瑚の姿になります。

珊瑚がまだ小さな頃は海中にあるカルシウムを取り込むことにより珊瑚の骨となる部分を形成します。
やがて珊瑚は自分のクローンを作る事により増殖し成長していきます。

一つの植物のように見える珊瑚ですが、増殖を繰り返して大きくなっていくため、よく知っている見た目の珊瑚は1匹の珊瑚ではなく珊瑚の群れと表現するのが正しいですね!
もちろん珊瑚は他の動物と同じで食事もしますし、産卵によってその個体数を増やしていきます。

水族館の珊瑚はニセモノ

水族館で泳いでいる魚の後ろに綺麗に並んでいる珊瑚がありますよね。
実はあれはほとんどが作り物で本物の珊瑚ではありません。

珊瑚は動物であり長い年月をかけてようやく成長して大きくなっていきます。
そして当然ですが勝手に自然の海中にある珊瑚を破壊して持ち運ぶ事もできません。

また、水族館としても珊瑚の位置を変更したくなった時に、本物の珊瑚は重すぎて移動するのにとても手間がかかります。
以上のことから、水族館に飾られている珊瑚のほとんどは精巧に作られた作りものなんです。

以上が珊瑚の雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月5日)
啓蟄
珊瑚の日
スチュワーデスの日
ミスコンの日

■明日は何の日?(3月6日)
世界一周記念日
弟の日

■昨日は何の日?(3月4日)
ミシンの日
雑誌の日
サッシの日
バウムクーヘンの日

スポンサーリンク



フォローする