3月7日はサウナの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

サウナの日今日は何の日
3月7日の「今日は何の日?」は「サウナの日」です。
また「サウナの日」にちなんで「サウナで火傷しないのはなぜ?」などサウナにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月7日はサウナの日

今回は「サウナの日」について解説していきます!
なぜ3月7日が「サウナの日」なのかというと、「サ(3)ウナ(7)」という語呂合わせが由来となっています。

日本サウナ協会によって1984(昭和59)年に制定されました。
この「サウナの日」には日本各地のサウナでイベントが開催されているそうです。

飲食メニューの割引であったり、タオルが無料配布されたり、講演会などのイベントがあったり、「サウナの日」である3月7日に近所のサウナを覗いてみるといいかもしれませんね!
そんな日本の伝統だと思われている「サウナ」ですが、実は発祥は日本じゃないって知っていましたか?

サウナは実はフィンランド語の「sauna」が語源となっており、意味は「蒸し風呂」となります。
サウナは石に水をかけた時に発生する蒸気熱によって、室内の温度と湿度を上げる蒸し風呂ですが、発祥はフィンランドだったんですね。

日本では1960年代からサウナが注目され始め、銭湯や健康ランドなどに順次導入されることとなりました。

スポンサーリンク



サウナの雑学

今回は「サウナの日」にちなんだ「サウナの雑学」を紹介します。

サウナで火傷しないのはなぜ?

サウナ内の気温がとても高く通常は90度~100度ぐらいで設定されていますよね。
常識的に考えて100度のお湯に手を付けてしまうと大火傷となってしまいますが、サウナの100度では火傷をしない2つの理由があるのです。

発汗しているから

サウナには汗を流すために入るわけですが、当然大量の汗をかきますよね。
水分は気温が高いほど蒸発されやすいため、100度前後のサウナ内で汗をかくと一瞬で蒸発します。

蒸発した際に水分を含む空気の層が体中を覆い、これが皮膚を守ってくれるため火傷をしないで済むのです。
そのため、サウナの蒸気を身体に直接吹きかけたり、思いっきり身体を振り回したりすると、身体を覆っている空気の層が乱れてしまい直接100度の空気が皮膚に触れて、火傷する可能性がありますので注意が必要です。

また、ネックレスやブレスレットなどの金属を身につけている場合は、金属に熱が伝わって火傷することもありますので注意してください。

熱伝導率の違い

水と空気では熱伝導率にかなりの差があります。
水と空気を比べると、水は空気の約25倍も熱を伝えやすい性質を持っています。

このように熱が伝わりやすいため、100度の熱湯では火傷をしてしまいますし、逆に熱伝導率の低い空気は例え100度あったとしても火傷しないのです。
日常的にいえば10度の水で洗い物するととても冷たく感じますが、10度の気温の外に出てもそんなことはありませんよね。

以上がサウナの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月7日)
消防記念日
サウナの日

■明日は何の日?(3月8日)
国際女性デー
みつばちの日
エスカレーターの日
みやげの日

■昨日は何の日?(3月6日)
世界一周記念日
弟の日

スポンサーリンク



フォローする