3月10日は砂糖の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

砂糖の日今日は何の日
3月10日の「今日は何の日?」は「砂糖の日」です。
また「砂糖の日」にちなんで「固まった砂糖を簡単にほぐす方法」「ワサビに砂糖をかけると辛くなる」など砂糖にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月10日は砂糖の日

今回は「砂糖の日」について解説していきます!
なぜ3月10日が「砂糖の日」なのかというと、「さ(3)とう(10)」という語呂合わせが由来となっています。

「砂糖の優れた栄養価等を見直す」という事を目的として制定されました。
しかし、いつ制定されたものなのか、誰が制定したのかなどの情報は見当たりませんでした。

砂糖は摂取しすぎると太るイメージがありますが、人間が活動していく上で欠かせない物となります。
人間の身体や脳はブドウ糖をエネルギー源として活動していますが、砂糖はこのブドウ糖を摂取するという意味では大変優れている食べ物です。

ブドウ糖には精神を安定しリラックスさせる効果もあります。
筆者は甘いものを食べるとかなりの幸福感を感じますが、甘いものにたくさん含まれる砂糖が影響しているんですかね?

もちろん砂糖の摂りすぎはよくありませんが、ダイエットのために一気に糖分をカットする事も身体にはよくありません。
3月10日の「砂糖の日」は自分の身体と相談しつつ、甘いものを食べる日にするのがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



砂糖の雑学

今回は「砂糖の日」にちなんだ「砂糖の雑学」を紹介します。

固まった砂糖を簡単にほぐす方法

砂糖は長い間保存しておくと固まってしまって、次に使う時にほぐすのに苦労しますよね?
実は砂糖を簡単にほぐす方法があるんです。

砂糖が固まってしまうのは水分が原因だと思われがちですが、実は乾燥によって引き起こされるものなのです。
つまりは水分を与えてやればまたほぐれるのですが、水をかけるわけにもいきません。

そこで登場するのが「パン」です。
砂糖の入れ物の中にパンを一晩入れておくだけで、パンの水分を砂糖が吸い取って元通りのサラサラの砂糖になるのでした。

パンを長い間入れておくと腐る可能性がありますので、入れるのは一晩だけにしてください。

ワサビに砂糖をかけると辛くなる

誰も試さないと思いますが、くだらない雑学を一つ。
ワサビに砂糖をかけるとよりワサビの辛さが際立つって知ってましたか?

砂糖をかけるため辛さが和らいで甘くなると思われがちですが、実は逆効果なんです。
砂糖をかけることによって和らげられるのはワサビの「苦味」であり、辛さは和らげてくれません。

ワサビの「苦味」と「辛さ」のうち「苦味」が和らぐことによって、辛さの方が際立つというわけですね。
砂糖をかけすぎると甘くなりすぎるため、砂糖を少量かけることにより、一層辛みを引き立たせることになります。

以上が砂糖の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月10日)
砂糖の日
サボテンの日
ミントの日

■明日は何の日?(3月11日)
コラムの日
パンダ発見の日

■昨日は何の日?(3月9日)
ありがとうの日

スポンサーリンク



フォローする