3月10日はサボテンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

サボテンの日今日は何の日
3月10日の「今日は何の日?」は「サボテンの日」です。
また「サボテンの日」にちなんで「サボテンにトゲが生えている理由」「サボテンが砂漠で枯れないのはなぜ?」などサボテンにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月10日はサボテンの日

今回は「サボテンの日」について解説していきます!
なぜ3月10日が「サボテンの日」なのかというと、「さ(3)ぼてん(10)」という語呂合わせが由来となっています。

また、サボテンが3月に花を咲かす事も「サボテンの日」の由来となっています。
岐阜県巣南町の「さぼてん村」を経営する岐孝園によって制定されました。

この「さぼてん村」は世界で一番のサボテン栽培面積の広さを誇っています。
サボテンの魅力をより多くの人に知ってもらう事を目的として「サボテンの日」を制定したそうです。

最近はフラワーショップに行ってもサボテンを見かける機会が増えましたし、あまり手間がかからない事から部屋の中に飾る観賞用植物として人気になっていますよね!
手間がかからないことから「サボテン=水をあげないでいい」という噂が出回っていますがデマなので注意してください。

サボテンは砂漠で育つ植物のため体内に長く水分を貯蓄する事ができます。
そのため他の植物よりは水をあげる感覚が長いだけで、水分を必要とする植物である事に変わりはありません。

この「サボテンの日」である3月10日を機会にしてサボテンを育て始めるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク

サボテンの雑学

今回は「サボテンの日」にちなんだ「サボテンの雑学」を紹介します。

サボテンにトゲが生えている理由

サボテンの最大の特徴として挙げられるのはあとトゲトゲした見た目ですよね。
あのトゲはサボテンが過酷な環境で生き抜くために生えているのです。

まずはトゲが生えている事によって他の動物から食べられないようにする効果があります。
サボテンは元々葉っぱのある植物でしたが、天敵から身を守るために葉が変形して現在のようにトゲになったとされています。

また、トゲには砂漠での強烈な日差しを和らげる効果もあります。
サボテンはトゲがあるおかげで表面の温度を下げていますが、トゲを全て抜くと体表面の温度が10度も上がってしまいます。

最後に、植物が生きていくために必要な水分を補給するのにトゲが活躍しています。
雨が少ししか降らない砂漠では根から水分を吸収するのは難しいため、トゲを使って空気中の水分を吸っているのでした。

サボテンが砂漠で枯れないのはなぜ?

サボテンは砂漠で水分が少ない過酷な環境でも枯れずに生きていますよね?
これにはサボテンの身体に特徴があるからです。

普通の植物は根から水分を常に吸い取っていますが、サボテンは雨の少ない砂漠で根っこから水分を吸い続けるのが難しい環境に生息しています。
そのため、サボテンには茎の中で長期間水分を溜めこむ機能を備えています。

たまにしかふらない雨を充分に吸いとって、しばらくの間は茎に溜めこんだ水分で生きていくわけですね。
そのため、サボテンを切るとたくさんの水分が出てきます。

以上がサボテンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月10日)
砂糖の日
サボテンの日
ミントの日

■明日は何の日?(3月11日)
コラムの日
パンダ発見の日

■昨日は何の日?(3月9日)
ありがとうの日

スポンサーリンク

フォローする