3月10日はミントの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ミントの日今日は何の日
3月10日の「今日は何の日?」は「ミントの日」です。
また「ミントの日」にちなんで「ミントを食べるとスースーするのはなぜ?」「ミント味はなぜ青色なの?」などミントにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月10日はミントの日

今回は「ミントの日」について解説していきます!
なぜ3月10日が「ミントの日」なのかというと、「ミ(3)ント(10)」という語呂合わせが由来となっています。

また、3月がフレッシュなイメージである事も由来となっているそうです。
カネボウフーズによって2000(平成12)年に制定されました。

ミントにより関心を持ってもらう事を目的としているそうです。
ミントは鎮静作用があり、イライラしたりストレスが溜まっている時にそれを鎮める効果があります。

仕事休憩時にミント味のタブレットを食べている人がいますが、仕事中のストレス解消には向いているといえますね。
また、ボーッとした頭をスッキリさせる効果もあるため、眠気覚ましとしても活躍します。

ミント味のガムなどを食べると口の中がスースーして目が覚める感じがありますが、それ以外にも眠気覚ましの成分がちゃんと含まれているんですね。
ちなみに、歯を磨くと眠気が覚めてしまうとされていますが、これは歯磨き粉に含まれるミントが原因だとされています。

スポンサーリンク

ミントの雑学

今回は「ミントの日」にちなんだ「ミントの雑学」を紹介します。

ミントを食べるとスースーするのはなぜ?

ミントを食べると口の中がスースーして冷たく感じますよね?
これはミントに含まれる「メントール」によるものなのです。

メントールは揮発性のある無色の結晶で皮膚に触れるとひんやりとした感覚を与える物質です。
あくまでひんやりと冷たい感覚があるだけで実際に舌や皮膚の温度が下がっているわけではありません。

実はメントールには皮膚や舌にある冷たさを感じさせる細胞のTRPM8を活性化する作用があるのです。
細胞が活性化した結果、脳が錯覚を起こすため冷たく感じるというわけですね。

逆に唐辛子に含まれるカプサイシンは熱く感じさせる成分が含まれているため、舌が熱く感じるのでした。

ミント味はなぜ青色なの?

チョコミントアイスはそのひんやりとした味に似つかわしく、爽やかな青色をしていますよね。
これはミントの葉っぱの色の影響もありますが、爽やかさを演出するために着色されているためです。

チョコミントアイスの成分表にはスピルリナ色素と書かれていることが多いのですが、このスピルリナによって爽やかな青色になっています。
このスピルリナの正体は実は「藻」なのです。

身体に悪そうなイメージの着色料ですが、スピルリナは健康にも良いとされているため安心してチョコミントアイスを食べてくださいね。
以上がミントの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月10日)
砂糖の日
サボテンの日
ミントの日

■明日は何の日?(3月11日)
コラムの日
パンダ発見の日

■昨日は何の日?(3月9日)
ありがとうの日

スポンサーリンク

フォローする