3月13日はサンドイッチデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

サンドイッチデー今日は何の日
3月13日の「今日は何の日?」は「サンドイッチデー」です。
また「サンドイッチデー」にちなんで「サンドイッチの名前の由来」「ハワイはもともとサンドイッチ諸島だった」などサンドイッチにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月13日はサンドイッチデー

今回は「サンドイッチデー」について解説していきます!
なぜ3月13日が「サンドイッチデー」なのかというと、数字の「3(サン)」で「1(イッチ)」が挟まれていることに由来しています。

また、3月13日以外にもサンドイッチの生みの親とされるイギリスのサンドウィッチ伯爵の誕生日が11月3日であることから、11月3日も「サンドイッチデー」とされています。
11月3日の「サンドイッチデー」は神戸サンド屋によって制定されたそうです。

「サンドイッチデー」に関するイベント情報を調べてみましたが、大手チェーン店であるサブウェイでも特にイベントが行われている様子はありませんでした。
今後サンドイッチデーが盛り上がる事によって美味しいサンドイッチが安く食べられるようなイベントが実施されるといいですね。

スポンサーリンク



サンドイッチの雑学

今回は「サンドイッチデー」にちなんだ「サンドイッチの雑学」を紹介します。

サンドイッチの名前の由来

サンドイッチの有名な雑学を一つ。
サンドイッチはパンに食材を挟んで食べるというものですが、古代ローマやインド、中東などでは既に食べられていました。

しかし「サンドイッチ」という名前が付くまでにはかなり時間がかかり、とある人物をきっかけとして「サンドイッチ」という名前が付きました。
そのとある人物とは18世紀イギリスの「ジョン・モンタギュー第4代サンドイッチ伯爵」という人物です。

彼はとにかくトランプ遊びが好きで食事の時間も惜しんでいる程でした。
そこでゲームの片手間として食事を済ませられるように、パンに食材を挟んだもので食事を済ませていたそうです。

このことがきっかけとなり、彼がサンドイッチ伯爵という名前であることから「サンドイッチ」という名前で呼ばれるようになりました。

ハワイはもともとサンドイッチ諸島だった

ハワイ諸島は元々サンドイッチ諸島と名付けられたのは知っていましたか?
ハワイ諸島へ初めて上陸したヨーロッパ人はイギリス人のジェームズ・クック率いる探検隊だったとされています。

当時のイギリスの海軍本部の大臣は先ほど紹介した「サンドイッチ伯爵」でした。
このことから、新たに発見された諸島は「サンドイッチ諸島」と名付けられました。

しかし、これらの諸島には既に原住民がいくつかの王国を作っていたため、「サンドイッチ諸島」の名前は定着しませんでした。

以上がサンドイッチの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月13日)
サンドイッチデー
青函トンネル開業記念日

■明日は何の日?(3月14日)
ホワイトデー
国際結婚の日

■昨日は何の日?(3月12日)
サイフの日
モスの日

スポンサーリンク



フォローする