3月15日は靴の記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

靴の記念日今日は何の日
3月15日の「今日は何の日?」は「靴の記念日」です。
また「靴の記念日」にちなんで「スニーカーの名前の由来」「ローファーの名前の由来」など靴にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月15日は靴の記念日

今回は「靴の記念日」について解説していきます!
なぜ3月15日が「靴の記念日」なのかというと、1870(明治3)年3月15日に西村勝三という人物が東京・築地入船町に日本初の西洋靴工場である「伊勢勝造靴場」を開設した事に由来しています。

西村勝三は幕末から明治時代にかけて生きた実業家であり、製靴工場を創業するまでは鉄砲や弾薬を売って資産を築いていたそうです。
日本初の西洋靴の工場については、陸軍の創始者である大村益次郎の提案によるもので、輸入された軍靴が大きすぎることから日本人の足に合う靴を作る為に開設されました。

そのため工場が開設された当初に主に作られていたのは軍靴だったそうです。
当時の築地は多くの西洋人が居住しており、教会やミッションスクールなどが立ち並んでいたことから、まさに文明開化を象徴するような街並みでした。

ちなみに、明治時代当時の一般庶民のほとんどは農民でした。
そんな一般庶民の履き物は草履や下駄が主流だったため、軍靴のような革靴が一般的に履かれるようになったのは大正時代になってからだったそうです。

スポンサーリンク

靴の雑学

今回は「靴の記念日」にちなんだ「靴の雑学」を紹介します。

スニーカーの名前の由来

靴といえば身軽で動きやすいスニーカーを普段から履いている人も多いのではないでしょうか。
そんなスニーカーですが名前に由来があるのは知っていましたか?

スニーカーの名前の由来は「忍び寄る」という意味である英語の「sneak」だとされています。
靴底が堅い革靴は歩く時に「カツカツ」と音がなってしまいます。

しか靴底が柔らかい素材でできているスニーカーを履く事により、後ろから音を立てずに忍び寄ることができることから「スニーカー」という名前が付けられたそうです。
確かにスニーカーは歩く時に音が全然ならないのでスニーカーという名称には納得できますよね。

ローファーの名前の由来

ローファーにも意外な名前の由来があるのは知っていますか?
ローファーは靴ひもがないためとても履きやすく、女子高生なんかはかかとを踏んで履いている人もいますよね。

そんな気楽に脱いだり履いたりできるローファーですが、英語の「loafer」という単語が由来となっており意味は「怠け者」という意味になります。
ローファーはフォーマルな見た目から正装にも履かれたりしますが、まさか意味が「怠け者」とは意外ですよね。

サイズが合わない靴を履くと足が・・・

靴を長時間履いていると足が臭くなったりしますよね。
足や靴が臭くなる原因は靴の中で雑菌が繁殖しているからだって知っていましたか?

特に、サイズの合ってないきつい靴であったりブカブカの靴を履く事により、靴の中が高温多湿となってしまいより雑菌が繁殖しやすくなります。
以上のことからサイズが合わない靴履いていると足が臭くなってしまいますので注意してください。

以上が靴の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月15日)
靴の記念日
オリーブの日

■明日は何の日?(3月16日)
国立公園指定記念日
財務の日

■昨日は何の日?(3月14日)
ホワイトデー
国際結婚の日

スポンサーリンク

フォローする