3月16日は財務の日【今日は何の日?】

財務の日今日は何の日
3月16日の「今日は何の日?」は「財務の日」です。

スポンサーリンク



3月16日は財務の日

今回は「財務の日」について解説していきます!
なぜ3月16日が「財務の日」なのかというと、「ざ(3)い(1)む(6)」という語呂合わせが由来となっています。

また、3月16日が所得税確定申告の期限の翌日であることにも由来しています。
財務コンサルティング会社の株式会社財務戦略が制定によって制定されました。

なぜ「財務の日」を制定したのかというと、中小企業に向けて財務の重要性についてPRすることを目的としているそうです。
先ほど所得税確定申告の翌日であることを解説しましたが、3月16日に自分の会社の財務状態がどのようになっているかを把握してほしいという狙いもあるそうです。

普通にサラリーマンをやっていると財務について考える事もありませんが、日々自分の会社のお金の流れを管理して、資金がショートしないように資金繰りを考えていることから財務がいかに重要な仕事だということがわかりますよね。

スポンサーリンク



お金の雑学

今回は「財務の日」にちなんだ「お金の雑学」を紹介します。

古い10円にギザギザがある理由

昔の10円玉は縁がギザギザだったことを知っていますか?
今でも買い物をしているとたまにお釣りとして渡されたりしますよね。

いわゆる「ギザ十」という名前で今では珍しいものとなりました。
これは10円玉が作られた当初、10円玉が硬貨の中で最も高価だったことから、他の硬貨と見分けがつきやすいようにギザギザにされたのでした。

しかし、時代と共に50円玉や100円玉が誕生していきギザギザの役目はより値段の高い硬貨へ移っていったのでした。
ちなみに昭和33年の10円玉が1番価値が高く100円ぐらいになるそうです。

世界で最も高額な紙幣はいくら?

世界で最も高額な紙幣はいくらだったと思いますか?
現在では使われていない通貨ですが、当時のハンガリーでは「ペンゲー」という通貨が使われていました。

そして、1946年に造幣された紙幣に「10垓」ペンゲーというものが存在します。
「垓」という数字に馴染みがないと思いますが、「兆」の一万倍が「京」、「京」のさらに一万倍が「垓」となり、つまり10の21乗となります。

数字にすると「1000000000000000000000」となり、ここまでくるともうわけがわからないですよね・・・
どうしてこんな紙幣が作られたのかと言うと、第二次世界大戦後のハンガリーでは物価が以上に値上がりしてしまう「ハイパーインフレーション」が起こっていたためでした。

通常の紙幣では払いきれないため「10垓」ペンゲーた誕生したわけですね。
以上がお金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(3月16日)
国立公園指定記念日
財務の日

■明日は何の日?(3月17日)
春のお彼岸入り
漫画週刊誌の日

■昨日は何の日?(3月15日)
靴の記念日
オリーブの日

スポンサーリンク



フォローする