3月21日はカラー映画の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

カラー映画の日今日は何の日
3月21日の「今日は何の日?」は「カラー映画の日」です。
また「カラー映画の日」にちなんで「なぜ映画といえばポップコーン?」「映画館のスクリーンには小さな穴が空いている」など映画にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月21日はカラー映画の日

今回は「カラー映画の日」について解説していきます!
なぜ3月21日が「カラー映画の日」なのかというと、1951(昭和26)年に初の国産総天然色(カラー)映画である「カルメン故郷に帰る」が公開された事に由来しています。

実はカラー映画自体は1951年になる前から上映されていました。
戦後になるとアメリカからカラー映画が急速に輸入されるようになり、日本の映画会社もそれに刺激を受けて本格的にカラー映画を制作するように意気込んでいました。

そこでついに誕生したのが「カルメン故郷に帰る」という映画だったんですね。
ちなみに、日本で最初に上映されたカラー映画は1937年の「千人針」という作品でしたが、フィルム自体が国産ではなく、カラー映画としては「準国産」という感じで全てが国産で制作されたものではありませんでした。

現在ではむしろカラー映画が当たり前になっていますが、戦後の日本ではコストの関係や制作の手間を考えると、カラー映画の制作は相当難しかったようです。
3月21日はカラー映画が見れる事に感謝しつつ映画館に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



映画の雑学

今回は「カラー映画の日」にちなんで「映画の雑学」を紹介します。

なぜ映画といえばポップコーン?

映画を見る時に食べるものの定番として「ポップコーン」があげられますよね。
ポップコーンが売られていない映画館は見たことがないですし、家で映画を見る時もついポップコーンを買ってきて映画館気分を味わいたくなります。

しかし、映画の上映が始まって最初からポップコーンが食べられていたわけではありません。
そもそも映画の上映が始まったころは無声映画が主流だったため、映画館でポップコーンを食べると音が気になってしまい、映画館で食べ物を食べる文化はありませんでした。

そして、その頃の映画は一部の教養人が見るものであって、一般的には普及していませんでした。
時代が進んで無声映画から音声入りの映画(トーキー時代)の上映が始まると、映画は一般市民の娯楽として普及しました。

その際にポップコーンを販売したところ、映画館の売り上げに大きく貢献したため、やがてポップコーンが定番として定着したのでした。
当時は世界恐慌の真っただ中であらゆる物価がインフレを起こしていましたが、ポップコーンについては値段がほとんど変わらず、安値で楽しめる塩味のポップコーンが好まれていたそうで、こうした時代背景もあり「映画=ポップコーン」はより一層定着したのでした。

映画館のスクリーンには小さな穴が空いている

映画館にある大きなスクリーンには実は小さな穴がたくさん空いているって知っていましたか?
これは映画館のどの席に座っても映画の音声が聞こえるようにするための工夫なんです。

映画館のスピーカーはスクリーンの裏側にも配置されているため、スクリーンに穴が空いていないと音がスクリーンに遮られて音が客席まで届かなくなります。
そのため小さな穴をたくさん空けて客席に音声が届くようにしているというわけですね!

以上が映画の雑学となります、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月21日)
ランドセルの日
カラー映画の日

■明日は何の日?(3月22日)
世界水の日
放送記念日

■昨日は何の日?(3月20日)
春分の日
電卓の日

スポンサーリンク



フォローする