3月22日は世界水の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界水の日今日は何の日
3月22日の「今日は何の日?」は「世界水の日」です。
また「世界水の日」にちなんで「水が原因で毎年約340万人が亡くなっている」「生活用水として利用できる水は、世界の0.08%しかない。」など水にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月22日は世界水の日

今回は「世界水の日」について解説していきます!
なぜ3月22日が「世界水の日」なのかというと、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミットのアジェンダ21により提案されて、翌年である1993年の3月22日を「世界水の日」とする決議があったことに由来しています。

「世界水の日」は国際デーのため日本以外の諸外国でも定められている記念日であり、英文表記は「World Day for Water」となります。
目的は「深刻な水不足や水質汚濁の問題など、水資源の重要性についての理解と関心を深めること」となっています。

日本では蛇口をひねれば当たり前のように飲用水が出て来ますが、ここまで水道設備が整った国は世界でも稀です。
最近ではコンビニやスーパーでミネラルウォーターを買うことが当たり前になってきましたが、そもそも日本以外の先進国では水道水は飲料水ではなく、飲料水はお店でお金を出して買うという文化の国が多いんですよね。

ついついシャワーを浴びている時に水を出しっぱなしにしてしまったり、水を無駄に使いがちですが、3月22日を境にして今一度節水などについて改めて考えていきたいですね。

スポンサーリンク

水の雑学

今回は「世界水の日」にちなんで「水の雑学」を紹介します。

水が原因で毎年約340万人が亡くなっている

生活に欠かせない水ですが、その水が原因で亡くなっている人が実は1年間で世界で340万人もいるって知っていましたか?
日本では当たり前のように安全な水が手に入りますが、発展途上国では水不足であったり、そもそも衛生状態の悪い水しか手に入らず病気にかかったりすることにより、90秒に1人が水に関連した病気で亡くなっています。

アフリカやアジアの一部の地方では水をくむためにバケツを持って何キロもの道を往復しなければならず、安全な水を手に入れるだけでも一苦労します。
更に干ばつなどが起こってしまえばまさに死活問題ですよね。

また、世界の9人に1人は安全な水を飲むことができないといわれており、安全に水を飲める日本の環境には改めて感謝しなければいけませんよね。

生活用水として利用できる水は、世界の0.08%しかない。

世界中に存在している世界の水資源のうち、人間の生活用水として利用できる水はわずか世界の0.08%しかないといわれています。
地球の75%は水で覆われていますが、そのうち97.5%が海で残りの2.5%しか真水がありません。

しかも、真水のうち70%が氷であり、残りの30%は地下水となります。
更にこの地下水のうち汚染されていない水は1%以下となり、その70%が農業、22%が工業用として利用されます。

これらを差し引いていって残った物が飲料水などの生活用水となるわけですが、計算上ではたったの0.08%しかないことがわかります。

以上が水の雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月22日)
世界水の日
放送記念日

■明日は何の日?(3月23日)
世界気象デー

■昨日は何の日?(3月21日)
ランドセルの日
カラー映画の日

スポンサーリンク

フォローする