3月23日は世界気象デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界気象デー今日は何の日
3月23日の「今日は何の日?」は「世界気象デー」です。
また「世界気象デー」にちなんで「天気の定義」「天気予報の「時々」と「一時」の違い」など天気にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月23日は世界気象デー

今回は「世界気象デー」について解説していきます!
なぜ3月23日が「世界気象デー」なのかというと、世界気象機関(WMO)が発足10周年を記念して制定した事が由来となっています。

世界気象機関(WMO)は1950(昭和25)年3月23日に発足されたため、「世界気象デー」は発足から10周年である1960(昭和35)年に制定されました。
世界気象機関(WMO)ってあまり耳馴染みの無い機関なので、何をしているのかよくわからないですよね。

世界気象機関(WMO)は加盟諸国の気象観測通報の調整、気象観測や気象資料の交換を行っている世界組織となります。
日本も世界気象機関(WMO)に加盟しており、日本は1953(昭和28)年に加盟しました。

世界的な記念日となるので日本以外でも記念日とされているいわゆる「国際デー」の一つです。
ちなみに英語表記にすると「World Meteorological Day」となります。

2015年3月時点では、世界の185ヶ国が参加していて世界でも広く知られている記念日となります。
3月23日のニュースを見ると「世界気象デー」についてのなんらかの報道があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

天気の雑学

今回は「世界気象デー」にちなんで「天気の雑学」を紹介します。

天気の定義

もしかすると小学生の頃に習った記憶があるかもしれませんが、空の雲の割合に応じて天気が決定されているって知っていましたか?
空のほとんどが雲に覆われているのにも関わらず「晴れ」とされていたりしますよね。

実は「晴れ」の定義はかなり広く、空の0~8割までが雲で覆われていても「晴れ」とされているのです。
晴れの中でも0~1割の場合は「快晴」となります。

空の雲の割合が9割以上になった場合だけ天気が「曇り」となるんですね。
どうみても雲が多いのに「晴れ」とされている場合は、雲の割合が8割以下であるということです。

天気予報の「時々」と「一時」の違い

天気予報で「晴れ時々くもり」や「晴れ一時くもり」といった言い方をしますよね。
曖昧な「時々」や「一時」という言葉ですが、ちゃんと定義があるって知っていましたか?

「時々」は半分未満であることを指しており、夕方6時の天気予報で「晴れ時々くもり」となっている場合は、翌朝の6時までの12時間のうち、くもりのじかんが6時間未満である時に「時々」という言葉が使われます。

また「一時」については4分の1未満である事を指しており、先ほどの12時間の例でいうと、「晴れ一時くもり」といえばくもりの時間帯が3時間未満ということになります。
普段何気なく見ている天気予報ですが、その用語の1つにもちゃんとした意味があることがわかりましたね。

以上が天気の雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月23日)
世界気象デー

■明日は何の日?(3月24日)
マネキン記念日
ホスピタリティデー
世界結核デー

■昨日は何の日?(3月22日)
世界水の日
放送記念日

スポンサーリンク

フォローする