3月26日はカチューシャの唄の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

カチューシャの唄の日今日は何の日
3月26日の「今日は何の日?」は「カチューシャの唄の日」です。
また「カチューシャの唄の日」にちなんで「カチューシャの名前の由来」などカチューシャにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月26日はカチューシャの唄の日

今回は「カチューシャの唄の日」について解説していきます!
なぜ3月26日が「カチューシャの唄の日」なのかというと、1914(大正3)年3月26日に島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、トルストイの『復活』の初演を行った事に由来しています。

トルストイの『復活』の劇中歌として謳われているのが「カチューシャの唄」であり、当時の日本ではこの「カチューシャの唄」が大流行したそうです。
歌詞の「カチューシャかわいや わかれのつらさ」というフレーズは流行語にもなりました。

その後も日本各地で『復活』の公演の成功させた事により、翌年には「カチューシャの唄」が吹きこまれたレコードが販売されました。
レコードは2万枚も売り上げたそうで、日本歌謡がまだまだ確立されていなかった当時では異例の売り上げとなりました。

現在では「カチューシャの唄」として知られていますが、レコードのタイトルは「復活唱歌」となっています。

スポンサーリンク

カチューシャの雑学

今回は「カチューシャの唄の日」にちなんで「カチューシャの雑学」を紹介します。

カチューシャの名前の由来

男性は身につける機会は無いかもしれませんが、カチューシャといえば女性が身につける髪飾りのことですよね。
前頭部の髪を押さえるように留めるアーチ形をしています。

AKB48の曲にも登場したこの「カチューシャ」という髪留めですが、そもそもカチューシャってどういう意味かを知っていますか?
「カチューシャの唄」で説明しましたが、実はカチューシャはトルストイ原作の小説である「復活」に登場するヒロインの名前なのです。

「復活」の舞台で主演女優であった松井須磨子がしていたロシア風の髪飾りが可愛かったため、カチューシャの唄と共に流行しました。
そして、この可愛い髪留めの名前をヒロインの名前からとってカチューシャという名前としたのでした

ちなみにロシア人女性の一般的な名前が「エカテリーナ」となりますが、この「エカテリーナ」の愛称が「カチューシャ」となっています。
元々は人の名前であったものが、日本では髪留めの名前として使われることになったんですね。

そのため、外国では「カチューシャ」といっても通じません。
例えば英語でカチューシャの事を言いたいときは「ヘッドバンド(Head Band)」と言うと伝わるでしょう。

以上がカチューシャの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月26日)
カチューシャの唄の日

■明日は何の日?(3月27日)
さくらの日

■昨日は何の日?(3月25日)
電気記念日

スポンサーリンク

フォローする