楽聖忌の由来と面白い雑学、3月26日の今日は何の日?

楽聖忌今日は何の日
3月26日の「今日は何の日?」は「楽聖忌」です。
また「楽聖忌」にちなんで「エリーゼのためにはエリーゼのためじゃない」「ベートーベンは引っ越し魔だった」などベートーベンにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月26日は楽聖忌

今回は「楽聖忌」について解説していきます!
なぜ3月26日が「楽聖忌」なのかというと、1827年3月26日にドイツの作曲家であるベートーベンがウィーンの自宅で亡くなったことが由来となっています。

ベートーベンについては説明の必要はなく誰もが知っている作曲家のうちの一人ですよね。
ベートーベンは数々の交響曲の作曲を手がけたことから「楽聖」と呼ばれており、ベートーベンを偲ぶことから「楽聖忌」が定められました。

亡くなる3日前には甥のカールを唯一の相続人にするように遺言書を補足し、「諸君、拍手したまえ。喜劇は終ったのだ」という言葉についてもこの日につぶやいたものだとされています。
亡くなった3日後の3月29日には葬儀が行われ、2万人の市民が参列し、宮廷歌手が棺を担いでフンメルなどの弟子たちがそれに続きました。

しかし、ベートーベンから数々の作品を献呈されてゆかりのあった貴族たちは誰もベートーベンの葬儀に出席することは無かったそうです。
クラシックに興味があるけどよくわからないという人は、ベートーベンの残した数々の名曲を聴きあさってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ベートーベンの雑学

今回は「楽聖忌」にちなんで「エリーゼのためにはエリーゼのためじゃない」「ベートーベンは引っ越し魔だった」などベートーベンにまつわる面白い雑学を紹介します。

エリーゼのためにはエリーゼのためじゃない

ベートーベンが作曲した曲の中でも有名な曲に「エリーゼのために」という曲がありますよね。
ピアノを習ったことのある人ならほとんどの人が弾いていますし、ピアノを習ったことのない人でもたまに弾ける人もいる名曲中の名曲です。

しかし、実はこの「エリーゼのために」という曲はエリーゼのために作られた曲ではないって知っていましたか?
「エリーゼのために」が作曲されたのは1810年のことで、その頃にベートーベンはテレーゼという女性にプロポーズをしました。

テレーゼの手紙などが詰められた箱の中から「エリーゼのために」の譜面が見つかったことから、この曲も「テレーゼのために」作られたことがわかります。
ベートーベンの字はとても読みづらかったらしく「テレーゼ」が「エリーゼ」と読み間違いされたことから「エリーゼのために」となってしまったとされています。

ベートーベンは引っ越し魔だった

芸術的な才能に秀でた人は奇人変人が多い印象があると思いますが、実はベートーベンもとても変わっていて気難しい人物だったといわれています。
ベートーベンは引っ越し魔だったと言われていて、なんと亡くなる前までに70~80回もの引っ越しをしたそうなんです。

ベートーベンが亡くなったのが56歳であったことから、平均すると1年に必ず1回は引っ越しをしていたことがわかりますよね。
実際には何年も同じ家に定住したことはあったそうですが、最も長く住んだ家でも数年程度だったと言われています。

実際にハイリゲンシュタットという都市にはベートーベンの家だとされる家が複数個所に点在しています。
夏はハイリゲンシュタットの郊外に住み、冬になると市街地に戻ってきて住むなど、住む家をその度に変えながら創作活動を行っていたそうです。

以上がベートーベンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月26日)
カチューシャの唄の日
楽聖忌
プルーンの日
風呂の日

■明日は何の日?(3月27日)
さくらの日
祈りの日
ツナの日
仏壇の日
交番の日

■昨日は何の日?(3月25日)
電気記念日
ご自愛の日
歯茎の日

スポンサーリンク

注目記事

フォローする