3月27日はさくらの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

さくらの日今日は何の日
3月27日の「今日は何の日?」は「さくらの日」です。
また「さくらの日」にちなんで「桜の葉は有毒」「ソメイヨシノはほとんどクローン」など桜にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月27日はさくらの日

今回は「さくらの日」について解説していきます!
なぜ3月27日が「さくらの日」なのかというと、さくらと「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせが由来となっています。

また、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることも由来となっています。
七十二候とは1年間を72個に区切って細かく季節を表すために古代中国で考案されたものです。

「桜始開」は桜の花が開き始める時期という意味になりますね。
「さくらの日」については日本さくらの会によって1992(平成4)年に制定されました。

日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深める事を目的としています。
桜といえば日本の伝統的な文化として「花見」が根付いていますよね。

外国人から見れば桜の木の下で花を見ながら食べ物を食べるという文化がとても美しく見えるそうで、最近では外国人観光客にも「花見」がウケているようです。
他にも日本には季節を感じることのできる伝統的な文化が様々ありますが、それぞれの文化を大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク



桜の雑学

今回は「さくらの日」にちなんで「桜の雑学」を紹介します。

桜は実はバラの仲間

イメージが無いかもしれませんが桜は実はバラの仲間だって知っていましたか?
桜は「バラ科サクラ亜科サクラ属サクラ亜属」であり、これに属している植物の総称がいわゆる「桜」と呼ばれるものです。

桜とバラって全く違う植物のように見えるから凄く意外ですよね。

桜の葉は有毒

実は桜の葉には毒が含まれています。
この毒は「クマリン」と呼ばれる物質で、雨の日に地面に落ちてその毒を撒き散らします。

こうして地面で毒を撒き散らす事によって余計な雑草などの植物が育つ事を阻害して、桜は効率よく地面から栄養を吸収して育つのです。
また、抗菌作用もあるため、その毒によって葉を守っています。

桜餅などで桜の葉を食べている人は少しびっくりされたかもしれませんが、人体にはそこまで強い影響のある毒物なので、少量食べる程度であれば問題は無いそうです。
しかし、桜の葉に含まれている「クマリン」という物質自体は、人体に影響を与える毒物として、食品への添加物として使用することが認められていません。

ソメイヨシノはほとんどクローン

日本の桜の代表と言えば「ソメイヨシノ」ですよね。
実はこの「ソメイヨシノ」という品種については、自然に育ってきたものではなく、人間の手によって作られたクローンなのです。

ソメイヨシノの元をたどっていくと限られた数の原木につながっていて、そこから作られたクローンとなります。
ソメイヨシノは種子によって増える植物ではなく、人の手によって接ぎ木する事によりその数を増やしてきました。

その影響からなのか、ソメイヨシノは一斉に花を咲かせて、一斉に花を散らしているんですね。
以上が桜の雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月27日)
さくらの日

■明日は何の日?(3月28日)
シルクロードの日
三つ葉の日

■昨日は何の日?(3月26日)
カチューシャの唄の日

スポンサーリンク



フォローする