3月29日はマリモの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

マリモの日今日は何の日
3月29日の「今日は何の日?」は「マリモの日」です。
また「マリモの日」にちなんで「マリモは8500キロの旅をした」「お土産のマリモは実は手作り」などマリモにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月29日はマリモの日

今回は「マリモの日」について解説していきます!
なぜ3月29日が「マリモの日」なのかというと、1952(昭和27)年3月29日に北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定されたことに由来しています。

阿寒湖のマリモという生物については、1897(明治30)年に現在の北海道大学の前身の学校である札幌農学校の川上瀧彌農学博士によって発見されました。
マリモは海藻の仲間であり、「球状の生き物=マリモ」というイメージかもしれませんが、実はあれはマリモの集合体でありマリモ単体が丸いわけではありません。

特に北海道の阿寒湖のマリモは美しい球状を形成することで有名だったため、阿寒湖のマリモが特別天然記念物に指定されています。
そのため、阿寒湖のマリモを勝手に持ち帰ると犯罪になってしまうので注意が必要です。

北海道のお土産の定番となっているマリモですが、年々その数が減少しているそうで、環境省の絶滅危惧種に指定されています。
何十年後にはもしかすると阿寒湖でも見られなくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク



マリモの雑学

今回は「マリモの日」にちなんで「マリモの雑学」を紹介します。

マリモは8500キロの旅をした

実は日本では美しい球体のマリモとなるのは北海道の阿寒湖だけなんです。
そしてもちろんマリモという生物は日本が発祥の生き物だとされていますが、実は日本から遠く離れたアイスランドにも生息しているのです。

アイスランドのミーヴァトン湖という湖に存在していて、なんと阿寒湖のマリモと同じく球体となるのです。
なぜここまで遠く離れたアイスランドにマリモが生息しているのかというと、阿寒湖でマリモを食べた水鳥がそのままミーヴァトン湖まで移動し、水鳥のフンに含まれたマリモの細胞や、体に付着していた胞子がたまたまミーヴァトン湖で成長する条件を満たしていたため、そのまま群生したからなんです。

その移動距離はなんと約8500キロメートルになります。
日本でも北海道の阿寒湖でしか見れない球体のマリモがまさかアイスランドまで長旅をしていたとは衝撃ですよね。

お土産のマリモは実は手作り

お土産のマリモを持っている人にとっては少しショッキングな内容となりますが、実はお土産のマリモは手作りで丸めて作っているって知っていましたか?
先ほど説明したとおり阿寒湖に生息しているマリモは特別天然記念物に指定されています。

そのため、マリモを取ることはもちろんのこと、それを販売することは当然禁止されています。
以上のことから、北海道外から球体じゃないマリモを仕入れて、人の手によってマリモを丸めたものを商品として販売しているのでした。

以上がマリモの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月29日)
マリモの日
八百屋お七の日

■明日は何の日?(3月30日)
国立競技場落成記念日
マフィアの日

■昨日は何の日?(3月28日)
シルクロードの日
三つ葉の日

スポンサーリンク



フォローする