3月29日は八百屋お七の日、由来を紹介【今日は何の日?】

八百屋お七の日今日は何の日
3月29日の「今日は何の日?」は「八百屋お七の日」です。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月29日は八百屋お七の日

今回は「八百屋お七の日」について解説していきます!
なぜ3月29日が「八百屋お七の日」なのかというと、1683(天和3)年3月29日に18歳の八百屋の娘・お七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの極刑に処せられたことが由来となっています。

とても物騒な話ですが、なぜ18歳の少女がこのような目に遭わなければいけなかったのでしょうか。
それは18歳の女の子であればだれでも抱くであろう恋心が原因でした。

前年の12月28日に大火が発生した際に避難した寺で、寺小姓である生田庄之介という男性と出会いました。
お七は生田庄之介に恋心を抱き、彼の事が忘れられなくなってしまいました。

そこで「火事になればまた会える」と考えたお七は3月2日の夜に放火してわざと火事を起こしました。
結果として火はすぐに消し止められ、放火の罪でお七は捕まってしまい、生田庄之介と出会う事は出来ませんでした。

江戸時代当時でも放火は重罪であり、火あぶりの極刑に処せられる決まりとなっていましたが、17歳以下であれば極刑は免れることが出来ました。
極刑だけは避けようとした奉行の計らいによって「おぬしは17だろう」と問われましたが、お七はその意味を察することができずに正直に18歳と答えてしまい、結局は極刑に処せられる事となってしまいました。

多感な時期ではありますが放火までしてしまうとは、よほどもう一度会いたかったのでしょうね。
恋心から始まった悲劇として数百年経った現在でも語り継がれています。

スポンサーリンク

なぜ放火に至ったのか?

お七がどうしても生田庄之介に会いたいがために放火したというのはわかりました。
そもそも身分の高い大名などではなく、相手が寺小姓であればわざわざ放火なんかしなくても簡単に会えるような気がしますよね?

しかし、お七の両親はお七に良い家に嫁いで欲しいという思いもあり、お七もこの両親の思いをしっていました。
八百屋も寺小姓も当時の家柄としては決して身分は高くありませんでした。

そのことから生田庄之介と恋愛をすることを躊躇していたのだと思います。
また、お寺に努めている生田庄之介は職業柄気安く女性に近づくこともできません。

そのため、法事やお参りなどの仏事以外に女性と会う機会がなく、ましてや個人的に女性と会うことなど許されていませんでした。
以上の二つの理由から八百屋のお七と寺小姓の生田庄之介の恋愛は発展する可能性はとても低く、会いたいという気持ちを募らせた結果、放火をして死刑になるという悲劇を招いてしまったのでした。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月29日)
マリモの日
八百屋お七の日

■明日は何の日?(3月30日)
国立競技場落成記念日
マフィアの日

■昨日は何の日?(3月28日)
シルクロードの日
三つ葉の日

スポンサーリンク

フォローする