3月30日は国立競技場落成記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

国立競技場落成記念日今日は何の日
3月30日の「今日は何の日?」は「国立競技場落成記念日」です。
また「国立競技場落成記念日」にちなんで「旧国立競技場には女性用の小便器があった」など国立競技場にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月30日は国立競技場落成記念日

今回は「国立競技場落成記念日」について解説していきます!
なぜ3月30日が「国立競技場落成記念日」なのかというと、1958(昭和33)年3月30日に神宮外苑に国立霞ヶ丘陸上競技場が完成したことが由来となっています。

2017年現在では既に閉場して取り壊されてしまっており、新国立競技場が建設されています。
旧国立競技場の敷地面積は22000坪もあり約58000人の収容能力をもっていました。

また、1964(昭和39)年には東京オリンピックの開閉会式の会場になった事で有名ですよね!
スポーツの競技場として使われる一方で音楽のコンサートなども使われており、日本人にとってはとても親しみのある建物でした。

そして、長年様々なイベントで活躍した国立競技場は新国立競技場への建て替えにより2014年の5月31日を最終日として閉鎖されることとなりました。
最終日の午後9時ごろには56年間にわたって灯っていた聖火が静かに消され、「SEE YOU IN 2019(2019年に会いましょう)」と表示されました。

スポンサーリンク

国立競技場の雑学

今回は「国立競技場」にちなんで「国立競技場の雑学」を紹介します。
現在は取り壊されてしまった旧国立競技場の雑学となります。

旧国立競技場には女性用の小便器があった

実は旧国立競技場の地下には女性用の小便器があったことを知っていますか?
これはトラック競技が行われている際にトラックを横切らなくてもトイレに行けるように配慮した結果なんです。

そして、女性が用を足すのには普通は洋式便器を使うイメージがありますが、なんとこのトラックの地下にあったトイレは小便器だったのです。
日本では当たり前に洋式便器を使いますが、国によってはそういった形で用を足す人もいるだろうと配慮した結果、女性用の小便器が設置されました。

立ったままでも用が足せるように作られた小便器の名前は「サニスタンド」という名称でした。
そもそも日本でも昭和初期までは、特に農村の女性は立って用を足すのは珍しくなかったようです。

昔は今と違って当たり前のように着物を着ていたため、裾をまくりあげてする方がしやすそうですしね。
現在は国立競技場自体が取り壊されてしまったためもちろん存在していませんが、それより以前にはすでに撤去されていました。

実は衛生的なサニスタンド

サニスタンドを使うことに抵抗を覚える人も多いかもしれませんが、実は洋式便器よりも衛生的といえます。
なぜなら洋式便器は直接お尻をつけて座らなければならないからです。

公衆トイレを使うときも洋式便器の便座部分が汚れていて拭かなきゃいけない機会って多いですよね。
例え拭いたとしてもあまり座るのは気持ちのいいものでもありません。

以上が国立競技場の雑学でした、いかがでしたでしょうか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月30日)
国立競技場落成記念日
マフィアの日

■明日は何の日?(3月31日)
エッフェル塔の日
オーケストラの日

■昨日は何の日?(3月29日)
マリモの日
八百屋お七の日

スポンサーリンク

フォローする