3月30日はマフィアの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

マフィアの日今日は何の日
3月30日の「今日は何の日?」は「マフィアの日」です。
また「マフィアの日」にちなんで「実はマフィアの語源は諸説ある」などマフィアにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月30日はマフィアの日

今回は「マフィアの日」について解説していきます!
なぜ3月30日が「マフィアの日」なのかというと、1282年3月30日にマフィアの名前の語源となったとされる「シチリアの晩鐘事件」が起こったためです。

当時のシチリア島はフランス国王の叔父であるシャルル・ダンジューによって過酷な支配が行われていました。
「シチリアの晩鐘事件」が起こったきっかけは、1282年3月30日が復活祭の翌日の月曜日であったことから、晩祷の為に教会の前に市民が集まっていたところ、そこへフランス兵の一団がやってきたことでした。

フランス兵が女性に手を出そうとしたため、その女性の夫はいきなり兵士に襲い掛かって刺しました。
このことが火種となってその場に居合わせた他の市民も次々にフランス兵へ襲い掛かり兵士の一団を全て殺してしまいました。

ちょうどその時に晩祷を告げる晩鐘が鳴ったことから、この事件は「シチリアの晩鐘事件」と呼ばれています。
シャルル・ダンジューによる支配により不満を募らせていたため、反乱は瞬く間に全島に拡大し、フランス人は見つかり次第殺されることとなり、その犠牲者は4000人以上にも及びました。

この反乱の合言葉が「Morte alla Francia Italia anela(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)」であり、単語の頭文字を並べると「マフィア(mafia)」となるため、これがマフィアの由来になったとされています。
この反乱をきっかけとしてシャルル・ダンジューのアンジュー王家はシチリアから追放されることとなり、新しくシチリアの支配者となったアラゴン王家との間で20年にも及ぶ戦争が続くこととなりました。

スポンサーリンク

マフィアの雑学

今回は「マフィアの日」にちなんで「マフィアの雑学」を紹介します。

実はマフィアの語源は他にもある

ここまでマフィアという言葉の語源となった「シチリアの晩鐘事件」について解説しましたが、実はマフィアという言葉の語源は諸説あるので他にも紹介します。
筆者的には「シチリアの晩鐘事件」が有力だと思っているので、噂程度に読んでいただければと思います。

マフィアという言葉が登場したのは1658年のことで、当時は「魔女の通称で、大胆、高慢、恐怖を与えること、悪魔を追い払う能力」といった意味で使われていました。
そして、もともとは「Maffia」という綴りでしたが、19世紀にはfが一つとなって「美しさ、勇敢、高慢、尊大、そして時には優雅さあるいは愛らしさという意味」になりました。

また、「マフィオーゾ」という言葉には男らしいという意味もあるため、マフィアという言葉の意味が「男の中の男」という意味で使われるようになりました。

他にも色々な説が

他にもアラビア語で空威張りするという意味の言葉である「Mahis」がマフィアの語源になったという説もあります。
その他にも、シチリアにやってきたアラブ人が立てこもったり、避難所としたシチリア西部のマルサーラの疑灰石の採石場を意味する「Mafie」が語源となっている説なども存在します。

歴史的な根拠からいって最初に紹介した説が最も有力なように感じますよね。
以上がマフィアの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月30日)
国立競技場落成記念日
マフィアの日

■明日は何の日?(3月31日)
エッフェル塔の日
オーケストラの日

■昨日は何の日?(3月29日)
マリモの日
八百屋お七の日

スポンサーリンク

フォローする