4月2日は週刊誌の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

週刊誌の日今日は何の日
4月2日の「今日は何の日?」は「週刊誌の日」です。
また「週刊誌の日」にちなんで「日本で一番古い雑誌や世界一古い雑誌」など雑誌にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月2日は週刊誌の日

今回は「週刊誌の日」について解説していきます!
なぜ4月2日が「週刊誌の日」なのかというと、1922年4月2日に『週刊朝日』と『サンデー毎日』が創刊された事が由来となっています。

「週刊朝日」「サンデー毎日」は現在でも刊行が続けられているため、どれだけ日本人に愛読されてきたかがわかります。
実は週刊朝日については創刊された当時は週刊ではなく旬刊で刊行されていたそうです。

旬刊は今ではあまり見かけませんが、毎月の上旬・中旬・下旬、日付でいうと毎月5日・15日・25日に発売するという日程でした。
そして、約1ヶ月遅れて「サンデー毎日」が刊行されるのと同じタイミングで、「週刊朝日」となり旬刊から週刊へと移行したのでした。

もちろん当時は紙媒体でしたが、現在ではホームページも存在していますし、それぞれの週刊誌について情報をチェックすることができます。

週刊朝日:http://publications.asahi.com/ecs/24.shtml
サンデー毎日:http://mainichibooks.com/sundaymainichi/

スポンサーリンク



雑誌の雑学

今回は「週刊誌の日」にちなんで「雑誌の雑学」を紹介します。

日本最古の週刊誌

「週刊雑誌の日」の由来が「週刊朝日」と「サンデー毎日」の創刊日である事は解説しましたが、実は日本ではもっと古くから週刊雑誌が刊行されていました。
日本最古の週刊誌は「團團珍聞(まるまるちんぶん)」という名称で、1877年(明治10年)から1907年(明治40年)まで刊行されていました。

内容は劇画が描かれた風刺雑誌であったそうで、「マルチン」という呼び方で親しまれていました。
明治時代の有名な出来事として「自由民権運動」があげられますが、これは当時の藩閥政府を皮肉った「團團珍聞」の内容が反響を呼び、ますます「自由民権運動」に拍車をかけたと考えられています。

また「團團珍聞」が刊行されていたころには、姉妹雑誌でもある「驥尾團子(きびだんご)」という名称の雑誌も刊行されていたそうです。

世界一古い雑誌

週刊誌ではありませんが、世界一古いとされている雑誌を紹介します。
世界で最初に刊行された本格的な雑誌は、パリで創刊された「ジュルナル・デ・ザバン」と「フォロソフィカル・トランザクションズ」だとされています。

創刊は1665年であり、日本で雑誌が誕生する200年以上も前に刊行されていたことになります。
当時の雑誌の主旨は「新しい知識や情報、視点を広く一般に開示、紹介するもの」であり、百科事典のようなものだったそうです。

以上が雑誌の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月2日)
図書館開設記念日
週刊誌の日
歯列矯正の日

■明日は何の日?(4月3日)
神武天皇祭
ペルー日本友好の日
日本橋開通記念日

■昨日は何の日?(4月1日)
エイプリルフール
トレーニングの日
ストラップの日

スポンサーリンク



フォローする