4月3日は日本橋開通記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

日本橋開通記念日今日は何の日
4月3日の「今日は何の日?」は「日本橋開通記念日」です。
また「日本橋開通記念日」にちなんで「日本橋は歴史上で10回火事にあっている」「日本橋は大阪と福島にもある」など日本橋にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月3日は日本橋開通記念日

今回は「日本橋開通記念日」について解説していきます!
なぜ4月3日が「日本橋開通記念日」なのかというと、1911年4月3日に東京の日本橋が木橋から石橋に架け替えられたことに由来しています。

つまり、日本橋はその前から存在していたということになりますよね。
日本橋の歴史は長く江戸幕府が誕生するのと共に架けられて、1604年には全国に通じる五街道の起点として定められました。



「日本橋」という名前の由来についても、江戸が日本の中心であり、その中心に架けられている橋であるから「日本橋」と名づけられました。
江戸時代のころは日本橋を起点にして様々な交易が行われていて、江戸経済の中心的な役割を果たしていました。

現在においても国道の起点である「日本国道路元標」が設置されていて、日本の道路の中心となっています。

スポンサーリンク

日本橋の雑学

今回は「日本橋開通記念日」にちなんで「日本橋の雑学」を紹介します。

日本橋は10回も燃えている

日本橋の歴史について解説してきましたが、実は江戸時代から明治時代の石橋に架けなおされるまでに日本橋は10回も火災にあって燃えているって知ってましたか?
江戸時代の当時は火災が発生した際に火のまわりが非常にはやかったため、木造建築だった日本橋も何回も火災の被害にあっていました。

10回の火災のうち8回は全焼であり、2回は半焼でした。
江戸時代に日本橋が架けられてから石橋に架けなおされるまでの期間は300年間だったことから、30年に1度は火災の被害にあっていたということですよね。

現在は木製の橋はほとんどありませんが、30年に1度家事で焼け落ちる橋って聞くとなんとも縁起が悪そうに聞こえますよね。

日本橋は東京以外にも存在する

日本の道路の起点である日本橋ですが、実は東京の日本橋以外にも日本橋があるって知っていますか?
実は大阪の道頓堀川にも「日本橋」という名前の橋が架けられています。

しかし読み方は「にっぽんばし」であり、東京の「にほんばし」とは区別されています。
東京と大阪以外では、福島県の郡山市にも「日本橋」が存在しており、こちらの橋の読み方は「ひもとばし」となります。

地元の人の前で「日本橋」という字を書いたりすると、東京の日本橋ではなくて、もしかすると地元の橋のことを思い出すかもしれませんね。

以上が日本橋の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月3日)
神武天皇祭
ペルー日本友好の日
日本橋開通記念日

■明日は何の日?(4月4日)
清明
あんパンの日
ヨーヨーの日
幸せの日
どらやきの日

■昨日は何の日?(4月2日)
図書館開設記念日
週刊誌の日
歯列矯正の日

スポンサーリンク

フォローする