4月6日は北極の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

北極の日今日は何の日
4月6日の「今日は何の日?」は「北極の日」です。
また「北極の日」にちなんで「北極と南極はどちらが寒い?」「北極では風邪をひかない」など北極にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月6日は北極の日

今回は「北極の日」について解説していきます!
なぜ4月6日が「北極の日」なのかというと、1909年4月6日にアメリカ海軍の軍人ロバート・ピアリーが、世界で初めて北極点に到達したことに由来しています。

ロバート・ピアリーの探検は1886年のグリーンランド探検から始まり、何度も北極点到達の失敗を経て6度目の冒険にして悲願の北極点到達を達成したのでした。
しかし、ロバート・ピアリーが北極点に最初に到達したかどうかという論争は80年以上も続くこととなりました。

そして、彼の死後である1989年にようやくアメリカ地理学会によって偉業が認められて「北極の日」が制定されたのでした。
現在では様々な技術が発達したため、当時に比べれば北極の探検も容易にはなっていますが、それでも厳しい環境に変わりはありません。

100年以上も前の装備で北極点に到達する事はとても難しく、何度も失敗を重ねて6度目で成功したことからもその難しさがうかがえますよね。

スポンサーリンク

北極の雑学

今回は「北極の日」にちなんで「北極の雑学」を紹介します。

北極と南極はどちらの方が寒い?

定番の雑学として「北極と南極ではどちらの方が寒い?」というものがありますよね!
「北」という漢字が使われていることから北極の方が寒いと思われがちですが、実は南極の方が北極よりも寒いのです。

北極の平均気温はマイナス20度~30度ぐらいとなっており、南極の平均気温はマイナス30度~50度となっています。
平均気温からわかるとおり南極の方が圧倒的に寒いことがわかりますよね!

ちなみに南極には大陸がありますが、北極には大陸が存在せずただ海上に氷が浮かんでいるだけなんです。
氷の厚さは5メートルほどもあるそうで、ちょっとのことでは割れないようになっています。

日本では北海道の旭川市がマイナス41度を記録したことがあり、日本でも一時的に北極や南極のような寒さを体験できる地域もあります。

北極では逆に風邪をひきにくい

北極ぐらいの寒い地域になると身体が冷えてしまってすぐに風邪をひいてしまいそうですが、逆に風邪をひきにくいって知ってましたか?
これは気温の低さに関係していて、人間もそうですが風邪のウイルスについてもあまりに気温が低いと活動ができなくなるそうです。

風邪のウイルスが全くないというわけではありませんが、活動が弱まった結果として人間に感染しにくくなるのです。
また、そもそも生物が少なくウイルスの媒体となるものが少ないことも風邪をひきにくい要因としてあげられます。

かといって全く風邪をひかないというわけではなく、風邪のウイルスを持ち込んだ人が近くにいたりすると、もちろん飛沫感染する可能性があります。
以上が北極の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月6日)
城の日
新聞をヨム日
北極の日
コンビーフの日

■明日は何の日?(4月7日)
世界保健デー
タイヤゲージの日

■昨日は何の日?(4月5日)
ヘアカットの日
横町の日
デビューの日

スポンサーリンク

フォローする