4月10日は駅弁の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

駅弁の日今日は何の日
4月10日の「今日は何の日?」は「駅弁の日」です。
また「駅弁の日」にちなんで「駅弁の紐を引っ張ると温かくなるのはなぜ?」「駅弁の起源」など駅弁にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月10日は駅弁の日

今回は「駅弁の日」について解説していきます!
なぜ4月10日が「駅弁の日」なのかというと、「弁当」の「とう」から10日、さらに「4」と「十」を合成すると「弁」に見えることが由来となっています。

日本鉄道構内営業中央会によって1993(平成5)年に制定されました。
4月は行楽シーズンであることから駅弁の需要拡大が見込まれており、駅弁を更にPRすることが目的となっています。

実は駅弁が日本で初めて売り出されたのは1885(明治18)年7月16日でしたが、7月は気温が高く弁当がいたみやすい時期であることから、4月に記念日が設定されたという由来もあります。
駅弁の歴史がこんなにも古いってちょっと意外ですよね。

筆者も旅行へ行った時はその土地の名産が楽しめることから駅弁を購入して食べています。
「駅弁の日」は近くの駅の駅弁を食べてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

駅弁の雑学

今回は「駅弁の日」にちなんで「駅弁の雑学」を紹介します。

駅弁の起源

駅弁が日本で初めて販売されたのが1885(明治18)年7月16日だったという事は説明しました。
この日本初の駅弁について更に詳しく解説します。

宇都宮駅が開業するのにあたって、日本鉄道の嘱託を受けた旅館である「白木屋」が宇都宮駅で握り飯2個とたくあんを竹の皮で包んだものを販売したことがきっかけで、駅弁が誕生したとされています。
この日が7月16日だったため、7月16日を「駅弁記念日」としている文献も多いそうです。

しかし、実は駅弁の起源はこの宇都宮で誕生したという説以外にも諸説あり、正確な事はわかっていないそうです。
宇都宮駅で販売する以前から駅弁という形じゃなくても、駅で何かしらの弁当のようなものを販売していてもおかしくないですよね。

駅弁について正確な文献が見つかった場合は駅弁記念日の日付も変更されるかもしれません。

駅弁の紐を引っ張ると温まるのは何故?

駅弁には紐が付いているタイプのものもありますよね。
紐を引くことによってホカホカに温かくなった弁当が食べられるので何とも嬉しい仕組みです。

この紐付きの弁当の仕組みですが、実は石灰と水の化学反応によって弁当を温めているんです。
弁当箱の下段には石灰と水がセットされていて、紐を引くことによって袋から水が出るようになっています。

この水が石灰と合わさることによって化学反応を起こし熱を発生させてお弁当を温めているのです。
石灰と水で熱が発生するという事はずっと前からわかっていたかと思いますが、これを駅弁に採用したのは本当にいいアイデアですよね。

以上が駅弁の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月10日)
建具の日
インテリアを考える日
ヨットの日
駅弁の日

■明日は何の日?(4月11日)
メートル法公布記念日
ガッツポーズの日

■昨日は何の日?(4月9日)
大仏の日
左官の日
フォークソングの日

スポンサーリンク

フォローする