4月11日はメートル法公布記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

メートル法公布記念日今日は何の日
4月11日の「今日は何の日?」は「メートル法公布記念日」です。
また「メートル法公布記念日」にちなんで「メートルという単位が生まれた由来」「アメリカではヤードが使われている理由」などメートルにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月11日はメートル法公布記念日

今回は「メートル法公布記念日」について解説していきます!
なぜ4月11日が「メートル法公布記念日」なのかというと、1921年4月11日に「メートル法」が公布されたことに由来しています。

その当時の日本では「尺貫法」が採用されていましたが、世界的な単位としてはすでに「メートル」が採用されていました。
「尺貫法」とは今ではほとんど見かけなくなりましたが、「寸」や「尺」といった単位で計測が行われ、1寸が約3.03cmで、1尺が10倍の約30.3cmとして計測していました。

しかし、「尺貫法」が完全に根付いていたことにより反対運動がおこってしまったため、「メートル法」の施工が無期延期となってしまいました。
その後、「メートル法」が改めて制定されたのは1951年のことであり、実際にこれが完全実施されたのは1959年になってからでした。

まだ土地や建物に関しては「尺貫法」による表記が残っていましたが、1966年になってようやく全面的にメートル法が実施されるようになりました。
その当時には頑なに「尺貫法」を使用することをやめない職人もいたそうで、メートル法を守らせたいがために大工職人が逮捕されたこともありました。

スポンサーリンク

メートルの雑学

今回は「メートル法公布記念日」にちなんで「メートルの雑学」を紹介します。

メートルという単位が生まれたきっかけ

現在では当たり前のように「メートル」という単位が使われていますが、「メートル」という単位が誕生してから実はまだそんなに時間が経っていないって知っていましたか?
「メートル」という単位が誕生したのはフランス革命が起こった際に国民議会で新しい単位を作ろうとしたことがきっかけとなっています。

フランス革命が起こったのが1787年のことなので、まだメートルという単位が誕生してから230年しか経ってないんですよね。
全世界で使えるように地球を尺度の元として、北極点から赤道までの距離の1000万分の1という長さを1メートルと定めました。

ちなみに「メートル」という名称になった由来は、ギリシャ語で物差しを意味する「metron」だとされています。

なんでアメリカはメートルを使わない?

世界基準の距離の単位として誕生した「メートル」ですが、アメリカではメートル法だけではなくヤードポンド法の両方が採用されていますよね。
アメリカでヤードポンド法を使われているのは、イギリス植民地時代の名残りとなっています。

現在ではイギリスでもメートル法が採用されていますが、なぜか世界で唯一アメリカだけいまだにヤードポンド法を使っています。
これはアメリカ政府がメートル法を積極的に採用していないことが理由となっています。

アメリカ政府としては「メートル法でもヤードポンド法でもご自由に」というスタンスのため、どちらかに統一されずにここまできました。
確かに今からすべての単位をどちらかに統一するのってかなり大変そうですよね。

以上がメートルの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月11日)
メートル法公布記念日
ガッツポーズの日

■明日は何の日?(4月12日)
パンの記念日
子どもを紫外線から守る日

■昨日は何の日?(4月10日)
建具の日
インテリアを考える日
ヨットの日
駅弁の日

スポンサーリンク

フォローする