4月13日は決闘の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

決闘の日今日は何の日
4月13日の「今日は何の日?」は「決闘の日」です。
また「決闘の日」にちなんで「中世ヨーロッパでは決闘で裁判結果を決めていた」「男女の決闘はハンデがつけられていた」など決闘にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月13日は決闘の日

今回は「決闘の日」について解説していきます!
なぜ4月13日が「決闘の日」なのかというと、慶長17(1612)年旧暦4月13日に美作の浪人・宮本武蔵と細川家指南役・佐々木小次郎の決闘が行われたことに由来しています。

決闘の場所は豊前小倉沖の無人島・巌流島(舟島)だったそうで、現在でも巌流島の戦いとして語り継がれていますよね。
決闘は本来は通常の裁判などで自分の正しさが証明できない時などに、決闘を申し込んで勝利することにより、名誉を回復するために行われていました。

一般的には社会的に同じ階級の者同士によって決闘は行われ、上流階級の者同士でも決闘が行われることもあり注目を引くこともありました。
時代によって決闘の方法は異なり、剣を使う事もあれば拳銃を使うこともあったそうです。

現在はもちろん多くの国で決闘は法律によって禁止されているため、ほとんど行われる事はありません。
日本についても1889年に決闘を禁止する法律が制定されています。

スポンサーリンク

決闘の雑学

今回は「決闘の日」にちなんで「決闘の雑学」を紹介します。

中世ヨーロッパではそもそも裁判が決闘だった

中世のヨーロッパではそもそも裁判自体が決闘だったこともあるようです。
この決闘裁判は被告と原告が決闘した結果、勝った方が正しい、つまりは勝訴になるといった裁判方法です。

そもそも裁判官からすれば被告と原告のどちらが嘘を付いているかなんてわからないですよね。
そのため裁判は「神の裁き」であると考えられていて、「神は正しい方に勝利を与える」という考えのものと、勝った方が正しいということになっていました。

そして、決闘の勝者は無罪となり、敗者は処刑されることとなります。
決闘自体が命懸けのものであったことから、敗者は処刑される前に死んでしまう事も多かったようです。

現在では考えられませんが、単純に強い人は証拠さえなければ決闘をして勝ち続けてずっと無罪を勝ち取ることができるのが恐ろしいですよね。

男女で決闘する場合はハンデがあった

決闘裁判は男女で行われる事もありました。
しかし、男女では体格に差があったりそもそもの力が全然違うため、女性が決闘をする際には代理人を立てることが多かったようです。

しかし、例外的に女性自身が決闘を望んだ場合には、女性も決闘を行うことが認められていました。
その際には女性が不利にならないように、男性は掘られた穴にへその位置まで入って、上半身のみしか動かせないようなハンデがつけられていました。

これはかなり男性にとって不利なハンデであって、女性側は圧倒的に有利ですよね。
実際にこの方法で行われた男女による決闘裁判では、女性が勝者となったそうです。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月13日)
決闘の日
喫茶店の日
水産デー

■明日は何の日?(4月14日)
フレンドリーデー
オレンジデー
椅子の日

■昨日は何の日?(4月12日)
パンの記念日
子どもを紫外線から守る日

スポンサーリンク

フォローする