4月13日は喫茶店の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

喫茶店の日今日は何の日
4月13日の「今日は何の日?」は「喫茶店の日」です。
また「喫茶店の日」にちなんで「喫茶店とカフェの違い」「スターバックスの雑学」など喫茶店にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月13日は喫茶店の日

今回は「喫茶店の日」について解説していきます!
なぜ4月13日が「喫茶店の日」なのかというと、1888年4月13日に東京・上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開業したことが由来となっています。

2階建て洋館であり、1階がビリヤード場、2階が喫茶室になっていました。
ビリヤード場もついている喫茶店ってすごくオシャレな感じがして、いつまでも居座ってしまいそうですよね。

また、ビリヤード以外にもトランプや国内外の新聞や書籍であったり、シャワー室まで完備していたそうです。
コーヒーを飲みながら知識を吸収して、文化交流をしてほしいという願いからこのように充実した設備となりました。

コーヒーは1銭5厘で飲めたそうで、牛乳が2銭だったことから比較的安価だったといえるでしょう。
しかし、経営が振るわなかったことから「可否茶館」はわずか5年で閉店してしまいました。

喫茶店って居心地が良くて、友人とお喋りなどをしているとあっという間に数時間が経ってしまいますよね。
「喫茶店の日」を機会に、たまには喫茶店でゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク



喫茶店の雑学

今回は「喫茶店の日」にちなんで「喫茶店の雑学」を紹介します。

喫茶店とカフェの違い

コーヒーを飲みにひと休憩したり、ちょっとした気分転換に行くお店が喫茶店やカフェだったりしますよね。
喫茶店といえば日本に古くからあるレトロなコーヒーの飲めるお店、カフェはちょっとオシャレなお店といったイメージですが、実は喫茶店とカフェには明確な違いが定義されているのって知っていましたか?

おそらく「喫茶店」を英語にすると「カフェハウス」であることから、喫茶店とカフェが同じものだと思っていた人も多いのではないでしょうか。
喫茶店は喫茶店営業許可を受けたお店のことで、カフェは飲食店営業許可を受けているお店になります。

何が違うのかというと、飲食店営業許可を受けているカフェはお酒をメニューに加えることができますが、喫茶店営業許可の喫茶店はお酒をメニューに加えることができないのです。
中には飲食店営業許可を受けて喫茶店を営業し、お酒を出している喫茶店もあるため、それを区別するために「純喫茶」という言葉もあります。

「純喫茶」といえば喫茶店営業許可のお店なのでお酒は提供されていないということになりますね。

スターバックスの雑学

スターバックスにも様々な雑学があります。

トールよりも小さいサイズ

スターバックスで飲み物を注文する時、1番小さいサイズがトールサイズだと思われがちですが、実はトールよりもさらに小さいサイズがあります。
トールサイズが350mlなのに対して、1番小さいショートサイズは240mlとなります。

トールサイズでは大きすぎるという人はショートサイズを注文してみてはいかがですか?

100円でおかわり自由

ホットのドリップコーヒーのみとなりますが、100円でおかわり自由だって知っていましたか?
長居する時にはぜひ活用したいですよね。

当たりつきレシート

実はスタバのレシートには、通常のレシートに比べて長い当たりのついたレシートが存在します。
そこにはwebアンケートが印刷されていて、アンケートを答えればドリンクが1杯だけ無料になります。

以上が喫茶店の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月13日)
決闘の日
喫茶店の日
水産デー

■明日は何の日?(4月14日)
フレンドリーデー
オレンジデー
椅子の日

■昨日は何の日?(4月12日)
パンの記念日
子どもを紫外線から守る日

スポンサーリンク



フォローする