4月15日はヘリコプターの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ヘリコプターの日今日は何の日
4月15日の「今日は何の日?」は「ヘリコプターの日」です。
また「ヘリコプターの日」にちなんで「プロペラの回転速度は扇風機より遅い」「ヘリコプターはエンジンが停止しても墜落しない」などヘリコプターにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月15日はヘリコプターの日

今回は「ヘリコプターの日」について解説していきます!
なぜ4月15日が「ヘリコプターの日」なのかというと、ヘリコプターの原理を考え出したレオナルド・ダ・ビンチの誕生日が由来となっています。

そもそもレオナルド・ダ・ビンチによってヘリコプターの原理が考案されたっていう事が驚きですよね。
レオナルド・ダ・ビンチが生まれ育ったのが15世紀から16世紀にかけてのころだったことから、その当時にヘリコプターの原理を考え出していたレオナルド・ダ・ビンチがいかに天才だったかがわかります。

「ヘリコプターの日」については全日本航空事業連合会によって1986年に制定されました。
「ヘリコプターの重要性をPRし、第2の空の足として認識してもらうこと」が目的となっています。

「第2の足として」ということですが、2017年現在でも交通手段としてヘリコプターを使う人って全くいないですよね。
将来的には空も個人が自由に飛べるようになる日が来て、第1の足が陸上の車であるならば、第2の足が空のヘリコプターというような時代がくるのでしょうか?

スポンサーリンク

ヘリコプターの雑学

今回は「ヘリコプターの日」にちなんで「ヘリコプターの雑学」を紹介します。

プロペラの回転は扇風機よりも遅い

ヘリコプターはあれだけ大きな機体を持ち上げるのですから、凄い速さでプロペラが回転していると思いますよね。
しかし、実はヘリコプターのプロペラが回転する速度は扇風機を「弱」でつけている時の回転速度よりも遅いんです。

ヘリコプターよりもプロペラが速く回転している扇風機はどこかへ飛んでいかないの?という疑問がわいてきますが、プロペラが回転する事によって発生する力は、回転速度よりもプロペラの大きさと長さに大きな関係があります。
ヘリコプターのプロペラの大きさと長さがあるからこそ、回転数が遅くても機体を持ち上げる揚力が発生するんですね。

実際に、小型の扇風機よりも大型の扇風機の方が同じ「弱」でも大型の扇風機の方が風をたくさん感じるのではないでしょうか。

ヘリコプターはエンジンが止まっても墜落しない

ヘリコプターのエンジンが停止してしまったら、プロペラの回転も停止してしまいそのまま墜落してしまうと思っていませんか?
実はこれは誤解であって、実際にはエンジンが停止しだだけではすぐにヘリコプターが墜落することはありません。



これはヘリコプターに必ず備わっている「オートローテーション」と呼ばれる機能のおかげなんです。
オートローテーションはプロペラとエンジンの回転がクラッチによって切り離されることによって、プロペラの回転数が最少になった状態のことです。

機体が降下することによりプロペラが回転して、プロペラが回転することにより揚力を得られるため、真っ逆さまに機体が墜落することはありません。
ヘリコプターは飛行機に比べれば着陸する場所を選ばなくていいため、この最小限の揚力を使って近くの安全な場所へと緊急着陸することとなります。

ヘリコプターのパイロットは操縦資格を取得する際に、オートローテーションによる着陸訓練を確実に受け、技能試験も通過しなければなりません。
以上がヘリコプターの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月15日)
ヘリコプターの日
遺言の日
よい酵母の日

■明日は何の日?(4月16日)
チャップリンデー
ボーイズビーアンビシャスデー

■昨日は何の日?(4月14日)
フレンドリーデー
オレンジデー
椅子の日

スポンサーリンク

フォローする