4月16日はボーイズビーアンビシャスデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ボーイズビーアンビシャスデー今日は何の日
4月16日の「今日は何の日?」は「ボーイズビーアンビシャスデー」です。
また「ボーイズビーアンビシャスデー」にちなんで「ボーイズビーアンビシャスには続きがあった」「クラーク博士の大志は実らなかった」などクラーク博士にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月16日はボーイズビーアンビシャスデー

今回は「ボーイズビーアンビシャスデー」について解説していきます!
なぜ4月16日が「ボーイズビーアンビシャスデー」なのかというと、現在の北海道大学農学部である札幌農学校の基礎を築いた人物であるクラーク博士が、「Boys,be ambitious.(少年よ、大志を抱け)」という有名な言葉を残して北海道を去ったことが由来となっています。

そもそもクラーク博士がどういう人物だったかをご存じですか?
クラーク博士はアメリカ合衆国の教育者であり、化学や植物学、動物学の教師をしていた人物です。

札幌農学校では自然科学について教鞭をとっており、学生たちには聖書を配ってキリスト教の布教活動も行っていました。
明治時代が始まった当時は欧米の先進技術や学問、制度を輸入するために「お雇い外国人」を雇用していましたが、クラーク博士もそのうちの一人として雇用されていました。

日本政府の要請を受けて来日して札幌農学校の教頭として約1年ほどの時間を日本で過ごしました。

スポンサーリンク

クラーク博士の雑学

今回は「ボーイズビーアンビシャスデー」にちなんで「クラーク博士の雑学」を紹介します。

「ボーイズビーアンビシャス」には続きがあった

クラーク博士といえば先ほど説明したとおり「ボーイズビーアンビシャス」つまり「少年よ大志を抱け!」と言ったことで有名ですよね。
しかし、実はこの言葉は省略されていて続きがあったとされています。

省略される前は「Boys,be ambitious like this old man」と発言したとされています。
日本語にすると「少年よ、この老人のように大志を抱け」となります。

つまり「こんな老人でも夢を持って頑張っているのだから君たちも頑張れよ!」と激励を送る言葉だったということです。
なぜ後半部分が省略されてしまったのかというと、当時は軍国主義教の時代だったため「この老人のように」といった弱い表現は省略され、「少年よ、大志を抱け!」と力強い言葉となるように都合よく解釈されたのだと考えられています。

クラーク博士の大志は実らなかった

学生たちに力強い言葉を残したように、当然クラーク博士も大きな大志を抱いていたのでしょう。
しかし、アメリカに帰国してからのクラーク博士は順風満帆というわけにはいかず、むしろ大志は実らなかったといえます。

帰国後はマサチューセッツ農科大学を3年で辞職しました。
その後「洋上大学構想」という世界中を船で旅をしながら教育するという壮大な構想をしましたが、実際に生徒を募集したところその斬新な発想についていけなかったのか、あまり入学希望者が現れなかったそうです。

結果として「洋上大学構想」は計画倒れに終わりました。
また、カリフォルニアがゴールドラッシュに沸いていたことから「スター・グローブ銀鉱山会社」を設立しましたが、会社を設立してから2年後には銀の価格が暴落したことにより会社は倒産、多額の負債を抱えることになってしまいました。

その後、心臓病を患ったクラーク博士は59歳という年齢でこの世を去ることとなり、大志を抱いたものの実らせることなく生涯を閉じることとなりました。
以上がクラーク博士の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月16日)
チャップリンデー
ボーイズビーアンビシャスデー

■明日は何の日?(4月17日)
なすび記念日
ハローワークの日
五平もち記念日
恐竜の日

■昨日は何の日?(4月15日)
ヘリコプターの日
遺言の日
よい酵母の日

スポンサーリンク

フォローする