4月17日はなすび記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

なすび記念日今日は何の日
4月17日の「今日は何の日?」は「なすび記念日」です。
また「なすび記念日」にちなんで「秋茄子は嫁に食わすなの意味」「日本のなすびの歴史」などなすびにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月17日はなすび記念日

今回は「なすび記念日」について解説していきます!
なぜ4月17日が「なすび記念日」なのかというと、四(よ)一(い)七(な)で「よいなす」という語呂合わせと、ナスが好物であった徳川家康の命日であることが由来となっています。

冬春なす主産県協議会によって制定され、2004年には毎月17日を「国産なす消費拡大の日」としています。
また、冬春なすについては4月に最盛期を迎えるそうですね。

「みんなにもっと冬春なすを知ってもらいたい」や「もっと冬春なすを食べてもらいたい」といった思いから「なすび記念日」が制定されました。
なすびはたまに食べますが、他の野菜に比べても食卓に並ぶ頻度は格段に少ないように思います。

筆者もなすび料理を思い浮かべてみてみました、なすびを焼いて味噌をつけて食べるか、麻婆茄子ぐらいしか思い浮かびませんでした。
農家の皆さんからするとこれほどなすびが日本の食文化に馴染んでいないのは寂しいでしょうね。

そんな「なすび記念日」には何かなすび料理を食べてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



なすびの雑学

今回は「なすび記念日」にちなんで「なすびの雑学」を紹介します。

「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざ

「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがあるのを知っていますか?
これは一般的には姑が嫁いびりをする時に使われることわざとして知られていますよね。

秋のなすびはとても美味しいため、嫁に食べさせるにはもったいないとして、姑が嫁いびりをします。
しかし、このことわざは一般的な意味以外にも諸説あるとされています。

なすびは水分とカリウムが多く含まれていることから、身体を冷やす作用があります。
身体が冷えてしまうため、大切な嫁に食べさせてはいけないという嫁への気遣いから、このことわざが誕生したという説です。

また、秋茄子には種が少ないということから「子供ができない」という縁起の悪い食べ物だとされていたため、嫁にはあまり食べさせてはいけなかったという説も存在しています。

日本のなすびの歴史

なすびはかなり昔から栽培されて食べられていたようで、正確にいつごろから栽培が始まったのかはわかっていません。
元々はインドのベンガル湾からマレー半島の地域で食べられていたそうで、五世紀ごろに中国へ伝わり、日本に伝わったのは8世紀の奈良時代のころだったそうです。

日本へ伝わったなすびは朝廷へと献上されたそうで、身分の高い人だけが口にすることのできる高級な野菜だったとされています。
日本現存最古の薬物辞典である「本草和名」や平安時代中期に作られた辞書である「和名類聚抄」などで、すでに「茄子」という野菜が紹介されています。

しかし、なすびが一般的な野菜として庶民の食べ物となったのは江戸時代になってからでした。
約1000年間も身分の高い人の食べ物だったなんて驚きですよね。

以上がなすびの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月17日)
なすび記念日
ハローワークの日
五平もち記念日
恐竜の日

■明日は何の日?(4月18日)
発明の日
お香の日
よい歯の日

■昨日は何の日?(4月16日)
チャップリンデー
ボーイズビーアンビシャスデー

スポンサーリンク



フォローする