4月18日はよい歯の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

よい歯の日今日は何の日
4月18日の「今日は何の日?」は「よい歯の日」です。
また「よい歯の日」にちなんで「触られている歯を当てるのは難しい」「虫歯になると宇宙飛行士になれない理由」など歯にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月18日はよい歯の日

今回は「よい歯の日」について解説していきます!
なぜ4月18日が「よい歯の日」なのかというと、四(よ)一(い)八(は)で「よい歯」という語呂合わせが由来となっています。

日本歯科医師会(日歯)によって1993年に制定されました。
日本歯科医師会が行っている活動として「8020運動」と呼ばれるものがあります。

これは平成元年から厚生労働省とともに現在でも進められている運動で「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という目的から「8020運動」とされています。
食べ物を租借する際には20本以上の歯があれば容易になるとされているため、日本人の平均寿命である80歳までに20本以上の歯を残すことを目標として設定しました。

また、80歳を過ぎた時に歯がほとんど残っていない人は、介護を必要としている人が多いというデータにも基づいています。
この「よい歯の日」を機会にして自分の歯の健康についてもう1度考えてみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

歯の雑学

今回は「よい歯の日」にちなんで「歯の雑学」を紹介します。

どの歯が触られているのか当てるのは難しい

あまり実験したことのある人はいないかもしれませんが、人に自分の歯を触ってもらい、どの歯が触られているのかを判別するのが難しいって知っていましたか?
実際に歯を刺激して、どの歯が触れられているのかを回答してもらう実験をした結果、前歯の正答率は高かったものの、奥歯にいくほど正答率は下がっていき、奥歯はむしろ正解する人の方が少なかったそうです。

そのため、虫歯になった際にどの歯が虫歯になっているかもわからず、人によっては虫歯になっていない歯から痛みを感じたりする人も多いようです。
場合によっては、上の歯に虫歯があるのに下の歯が痛くなってしまったりと、上下の判断が出来ていない人もいるそうです。

これは歯から繋がっている神経が同じ経路を辿って脳へ信号を送るため、脳が正確に痛みの位置を把握できずに錯覚を起こしていることが理由だとされています。

虫歯になると宇宙飛行士になれない理由

有名な雑学で「虫歯があると宇宙飛行士になれない」というものがありますよね。
実際に日本人初の宇宙人飛行士となった毛利衛は親知らずと虫歯があったため、宇宙飛行士の選抜から落ちて不合格となったこともあります。

なぜ虫歯など歯の病気があると宇宙飛行士になれないのかというと、宇宙空間の気圧に関係があります。
宇宙空間で作業する時に着る宇宙服と宇宙船の中では気圧に差があり、もし虫歯があるとひどく痛んでしまうのです。

更に、宇宙ではもちろん満足に治療することもできないですし、無重力のため歯を削るとなってもそこら中に削った歯が飛び散ってしまって治療をすることができません。
もし宇宙で虫歯になってしまった場合は宇宙にいる医師の指導の下で歯を抜くしかなくなります。

いざという時のために、宇宙飛行士は陸上で歯を抜く訓練も受けているそうです。
以上が歯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月18日)
発明の日
お香の日
よい歯の日

■明日は何の日?(4月19日)
地図の日
飼育の日

■昨日は何の日?(4月17日)
なすび記念日
ハローワークの日
五平もち記念日
恐竜の日

スポンサーリンク

フォローする