2017年4月20日は穀雨、意味と由来を紹介【今日は何の日?】

穀雨今日は何の日
4月20日の「今日は何の日?」は「穀雨」です。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月20日は穀雨

今回は「穀雨」について解説していきます!
あまり聞いたことがないと思いますが「穀雨」の読み方は「こくう」であり、二十四節気の一つとなります。

二十四節気は1年を24等分した季節だと思っていただければわかりやすいかと思います。
春夏秋冬が四季ならば、二十四節気は二十四に分かれた季節を表しています。

次の二十四節気が「立夏」となりますがそれまでの期間を「穀雨」と呼びます。

穀雨の意味

「穀雨」の意味は「穀物を育んでくれる春の雨」となります。
この意味からわかる通り、一つ前の二十四節気である「清明」が晴れて穏やかだったのに対して、「穀雨」の期間からは少しずつ雨量が増えてきます。

「穀雨」から雨量が増えるという事で、準備を整えて農作業を始めるのにはちょうどいい季節であり、この時期に植えられた穀物が育つような雨に恵まれる季節となります。
また、「穀雨」の時期に振る雨は今後の農作物の良し悪しを決めるぐらい重要なものであり、五穀豊穣をもたらす恵みの雨だと考えられています。

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉もあるそうで、この時期には暖房や冬服は一切いらなくなる季節とも言われています。
「穀雨」が終わり「立夏」を迎えるころには「八十八夜」が訪れて、暦上では春から夏へと季節が移り変わります。

スポンサーリンク

穀雨の時期の七十二候

二十四節気を更に細かく3つに分けたものに「七十二候」と呼ばれるものがあります。
季節を更に細分化して72の季節を表現するのに使用されます。

穀雨のシーズンは雨量が増える季節であり、穀物や植物が良く育つことから、以下の意味をもった「七十二候」が穀雨の時期に訪れます。

葭始生(あしはじめてしょうず)

穀雨の初候は「葭始生(あしはじめてしょうず)」となっています。
意味は「葦(あし)が芽を吹き始めるころ」となります。

霜止出苗(しもやんでなえいづる)

初候の次は次候といい、穀雨の次候は「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」となります。
意味は「霜がなくなり、稲の苗が育ち始めるころ」となります。

牡丹華(ぼたんはなさく)

最後に迎える「七十二候」は「末候」と呼ばれており、穀雨の末候は「牡丹華(ぼたんはなさく)」となります。
意味は「牡丹の花が咲き始めるころ」となります。

このような意味をもった「七十二候」から、穀雨は植物が芽吹いて成長し気温も暖かくなるということがよく分かります。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月20日)
穀雨
郵政記念日
青年海外協力隊の日
女子大の日

■明日は何の日?(4月21日)
川根茶の日
民放の日

■昨日は何の日?(4月19日)
地図の日
飼育の日

スポンサーリンク

フォローする