4月20日は郵政記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

郵政記念日今日は何の日
4月20日の「今日は何の日?」は「郵政記念日」です。
また「郵政記念日」にちなんで「昔は郵便配達員は拳銃を持っていた」「切手をデザインする人は5人」など郵便にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

12月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月20日は郵政記念日

今回は「郵政記念日」について解説していきます!
なぜ4月20日が「郵政記念日」なのかというと、逓信省(現在の日本郵政グループ)によって1934年を「逓信記念日」として制定したことが由来となっています。

実はその後もこの記念日の名前は何度も変わっています。
逓信省が郵政省・電気通信省の二省に分割された1950年には現在の「郵政記念日」として改称されました。

しかし1959年には「逓信記念日」に戻されることとなりました。
その後「郵政記念日」として制定されたのは2001年のことで、省庁再編に伴って再び「郵政記念日」という名称になりました。

現在の「郵便」という仕組みが出来たのは明治時代になってからのことで、それまでは皆さんもおそらく聞き覚えのある「飛脚」という制度が利用されていました。
1871(明治4)年3月1日(新暦4月20日)に「郵便制度」が実施され、東京・京都・大阪の三都市と東海道線の各駅で、郵便物の取扱、切手の発行が始まりました。

主要都市で「郵便制度」が機能し始めたことをきっかけにして、翌年には全国で「郵便制度」が実施されることになりました。

スポンサーリンク

郵便の雑学

今回は「郵政記念日」にちなんで「郵便の雑学」を紹介します。

昔の郵便配達員は拳銃を所持していた

明治初期にそれまでの「飛脚制度」から「郵便制度」へと移行した事は解説しました。
郵便制度が始まったばかりのころは、郵便配達員が拳銃を所持していたって知っていましたか?

郵便制度が始まって以来、郵便物の中に入っている現金や荷物そのもの目的とした強盗事件が多発したそうです。
そのため、郵便配達員は自分の命や荷物を守るために拳銃の所持が法律で認められていたそうなんです。

この法律は明治6年から始まって、昭和24年になるまで護身用の拳銃である「郵便保護銃」と呼ばれる短銃を所持し、郵便配達員は自分の身を自分で守っていたのでした。
現在の日本では考えられませんが、当時の日本と今の日本では治安の悪さは比べ物にならないでしょうし、強盗に狙われやすい郵便配達員はまさに命懸けで荷物を運んでいたんですね。

日本の切手は実はたったの5人でデザインしている

現在の日本では年間を通して約40種類の切手が発行されていますよね。
実は切手のデザインを専門としているデザイナーさんがいるんです。

日本のすべての切手は日本郵便の「切手デザイナー」という専門家によって作成されて、しかもその人数はわずか5人しかいないそうです。
5人しかいないことから仕事も大変そうですが、自分のデザインした物が全国を流通すると考えるととてもやりがいのある仕事に見えますよね。

切手のデザインの原画は手書きで作成されます。
本物をスケッチして原画を作成することもありますが、ものによっては写真などを参考にして原画を描きあげているそうです。

出来あがったデザインをパソコンに取り込むことでデータ化した後は、国立印刷局によって切手に印刷されるそうです。
一つの新しい切手が完成するまでにはなんと半年という時間がかかっているそうです。

以上が郵便の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月20日)
穀雨
郵政記念日
青年海外協力隊の日
女子大の日

■明日は何の日?(4月21日)
川根茶の日
民放の日

■昨日は何の日?(4月19日)
地図の日
飼育の日

スポンサーリンク

フォローする