4月21日は川根茶の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

川根茶の日今日は何の日
4月21日の「今日は何の日?」は「川根茶の日」です。
また「川根茶の日」にちなんで「緑茶と紅茶とウーロン茶の茶葉は同じ」「お茶はコーヒーよりもカフェインを多く含んでいる」などお茶にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月21日は川根茶の日

今回は「川根茶の日」について解説していきます!
なぜ4月21日が「川根茶の日」なのかというと、4月21日という日付が新茶のシーズンの直前であることと、立春から数えて七十七夜となることが多いことが由来となっています。

この「川根茶の日」は川根お茶街道推進協議会によって制定されました。
「静岡県の川根茶を多くの人に知ってもらう」ということが目的となっています。

お茶に詳しい人は知っているかもしれませんが、川根茶は宇治茶・狭山茶と並んで日本の三大銘茶とされていますよね!
川根茶の歴史は正確にはわかっていませんが、1242年に現在の川根茶の種子が中国から日本へ渡り、安倍川のほとり美和村足久保にまいたことが川根茶の始まりだとされています。

次第に茶畑の範囲が広がっていき、現在の川根地域でも茶の栽培が行われるようになり、川根は1602年には税として茶を納めていた記録も残っています。
その後はお茶の品質を上げるために様々な試行錯誤が繰り返されて発展を繰り返した結果、三大銘茶に数えられるほどの銘茶として成長したのでした。

スポンサーリンク

お茶の雑学

今回は「川根茶の日」にちなんで「お茶の雑学」を紹介します。

緑茶も紅茶もウーロン茶も茶葉は同じ

普段から皆さんも色々な種類のお茶を口にしていると思います。
洋菓子と一緒に飲むのであれば紅茶であったり、食事の時には緑茶、ダイエットなど健康を気にかけている人はウーロン茶を飲んでいたりしますよね。

全て味が違うように感じますが、実はもともとの茶葉は全部同じだって知っていましたか?
それでは、どこに違いがあるのでしょうか。

その違いは茶葉の発酵の度合いから生まれているものなんです。
全く発行させていないものが緑茶であり、半発酵したものがウーロン茶、完全に発酵させたものが紅茶となります。

緑茶の茶葉が緑色なのに対して、紅茶の茶葉は茶色くなっていますが、これは発酵させたからなんですね!
また、お茶の色を比べてみてもわかりますが、緑茶は発酵させてないため元々の茶葉の色である緑色に近い色をしていますが、発酵させたウーロン茶や紅茶は液体も茶葉と同じ色をしていますよね。

実はカフェインが多いお茶

カフェインといえば夜の寝る前の時間帯に摂取してしまうと眠れなくなるとされていますよね。
カフェインはコーヒーにたくさん含まれているイメージから、眠気覚ましに飲まれたり、逆に寝る前にコーヒーは飲んではいけないとされています。

しかし、コーヒーに比べて実はお茶の方がたくさんカフェインが含まれているって知っていましたか?
お茶の中でも玉露はカフェインが多く含まれていて、100gあたりのカフェインの含有量はコーヒーが1.3%なのに対して、玉露は3.5%もカフェインを含んでいます。

その他にも煎茶であったりほうじ茶であったり、お茶にも様々な種類がありますが、いずれもコーヒーよりも多くカフェインを含んでいるため、寝る前に過剰に摂取するのには注意が必要です。
カフェインだけに注目するとお茶は睡眠を妨げるものになってしまいますが、その他にはカテキンやテアニンなど、身体の調子を整える健康成分も含んでいるため、身体に悪いものだとはいえません。

以上がお茶の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月21日)
川根茶の日
民放の日

■明日は何の日?(4月22日)
アースデイ(地球の日)
よい夫婦の日
カーペンターズの日

■昨日は何の日?(4月20日)
穀雨
郵政記念日
青年海外協力隊の日
女子大の日

スポンサーリンク

フォローする