4月21日は民放の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

民放の日今日は何の日
4月21日の「今日は何の日?」は「民放の日」です。
また「民放の日」にちなんで「初めてのテレビ放送の内容はイ」「テレビは生活必需品に分類される」などテレビにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月21日は民放の日

今回は「民放の日」について解説していきます!
なぜ4月21日が「民放の日」なのかというと、1951年4月21日に日本で初めて民放16社に放送の予備免許が与えられたことが由来となっています。

翌年の1952年の4月21日には日本民間放送連盟も発足されました。
「民放の日」は1968年に日本民間放送連盟によって制定されましたが、もともとは「民放の日」という名称ではありませんでした。

1968年当時には「放送広告の日」として制定されていましたが、1993年には現在の「民放の日」として改称されることとなりました。
その後1953年の8月28日には日本テレビによって初の民放のテレビ放送が開始されました。

ちなみに国営放送であるNHKのテレビ放送は同年の2月1日には開始していました。
当時のテレビの価格は175,000円だったそうで、当時の高卒の公務員の初任給が5400円であったことから、とても高価なものであり一般的にテレビが普及するまでにはかなりの時間がかかったそうです。

スポンサーリンク

テレビの雑学

今回は「民放の日」にちなんで「テレビの雑学」を紹介します。

初めて放送されたテレビの映像

NHKや民放によって全国的にテレビ放送が開始されたのは1953年のことでしたが、実はそのずっと前からブラウン管のテレビは存在していたんです。
日本で一番最初にテレビが開発されたのは1926年のことでした。

広い意味でテレビというものは世界で既に開発に成功した国はありましたが、ブラウン管による電子式テレビで映像を映すの成功したのは日本が世界初でした。
その時に試験放送で最初に流された映像は、カタカナの「イ」だったそうです。

いろは順である「いろはにほへと」の最初の一文字から「イ」という文字が選ばれたそうです。
このブラウン管テレビの開発に成功した高柳健次郎という人物は、現在でも日本のテレビの父と呼ばれています。

テレビは生活必需品に分類される

最近ではテレビ離れが進んでいるとされていて、この記事を読んでいる方の中にもテレビを持っていないという方は少なからずいるのではないでしょうか。
しかし、そんなテレビは法律的には「生活必需品」に分類されているそうなんです。

借金や税金などを滞納してしまうと給料であったり、家の中の物が強制的に差し押さえられて、最悪の場合は売りに出されてしまったりします。
しかし、テレビについては生活必需品となっているため差し押さえ対象にはならないそうです。

なんとも不思議なルールですが、これは生活するために最低限必要な娯楽であるとされているからなんです。
確かに借金をしたからといって給料や生活必需品以外にも最低限の娯楽すら奪われてしまうと、生きていく気力が無くなってしまいますよね。

あくまでも借金を返済したもらったり、滞納している税金を支払ってもらうことを目的としているため、その人の人として最低限の生活まで奪ってはいけないという考え方なんでしょうか。
しかし、娯楽が少しでも残るからといって借金を抱え込んだり、税金を滞納するのは良くないことなので、しっかりと支払うようにしましょう。

以上がテレビの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月21日)
川根茶の日
民放の日

■明日は何の日?(4月22日)
アースデイ(地球の日)
よい夫婦の日
カーペンターズの日

■昨日は何の日?(4月20日)
穀雨
郵政記念日
青年海外協力隊の日
女子大の日

スポンサーリンク

フォローする